リングワールドふたたび

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
リングワールドふたたび
The Ringworld Engineers
著者 ラリー・ニーブン
訳者 小隅黎
発行元 早川書房(日本語版)
ジャンル サイエンス・フィクション、長編小説、science fiction novel
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語(日本語)
前作 リングワールド
次作 リングワールドの玉座
コード OCLC 5286215
テンプレートを表示

リングワールドふたたび』(The Ringworld Engineers )は、1980年ラリー・ニーヴンが発表したSF小説。前作『リングワールド』(Ringworld) の続編である。日本語訳版は小隅黎が翻訳、早川書房より出版された。

ニーヴンはこの作品について、『リングワールド』のファンの反響のたまものだと述べている。その理由としては、前作が非常に好評であったこと、また前作で論じられないままとなっていた数々の工学上の問題点を明確にしようとするファンたちの動きがあったことがあげられる。作品中では、リングワールド上で進化した様々な亜人類(ヒューマノイド)の種族たちについてより深く描いている。

9ISBN 415010767X (早川書房版)

あらすじ[編集]

ノウンスペースに帰還して23年後、惑星キャニヨンに隠れ住んでいたルイス・ウーはふたたびパペッティア人に誘拐される。パペッティア人の元首「至後者(ハインドモースト)」はかつてネサスやルイスたちをリングワールドの調査に送り込んだ張本人だったが、政変で失脚し、再起のため今度はみずからリングワールドへ向かおうとしていたのだ。クジン人のハミイー(新型ハイパードライヴを入手した功績で正式な名を与えられた、かつての「獣への話し手(スピーカー・トゥ・アニマルズ)」)も「至後者」に嵌められて同行せざるを得なくなる。

ふたたび訪れたリングワールドは回転軸がずれ始め、中心にあった恒星と接触するまで1年余りという危機的状況にあった。リングワールドを探検し、多くの種族と出会ったルイス・ウーは彼らを救おうと決意する。そのためにはリングワールドのどこかにある「補修センター」を見つけなければならなかった。