リラの聖イオアン聖堂

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
リラの聖イオアン聖堂
聖堂内部(2011年撮影)
Topographic map of the Bulgarian Base area featuring the chapel's old and new premises.
Topographic map of Livingston Island and Smith Island.

リラの聖イオアン聖堂ブルガリア語: Параклис Свети Иван Рилски, 英語: St. John of Rila Chapel)は、リヴィングストン島にあるブルガリアオフリドの聖クリメント基地に建てられた、南極で最初の正教会の建築物であり、世界中で祈りが捧げられる正教会の中でも最南端に位置する建物でもある。3.5メートル四方の建物の礎石は2001年12月9日に長輔祭リュボミル・ブラトエフによって据えられ、完成した聖堂は2003年2月9日に成聖された。

聖堂の鐘は、1993・94年に基地で医師として働いていた前副首相ニコラ・ヴァシリエフにより献納され、屋根の十字架はブルガリア人芸術家ディコ・カプシェフにより献納された。聖堂にはブルガリア人芸術家ゲオルギ・ディモフによるイコン『花婿イイスス・ハリストスイエス・キリスト)』、およびブルガリア大統領ゲオルギ・パルヴァノフが2005年1月15日に聖堂を訪れて蝋燭を献灯した際に献納した、リラの聖イオアンのイコンが納められている。

関連項目[編集]

出典・外部リンク[編集]

座標: 南緯62度38分30秒 西経60度21分47秒 / 南緯62.64167度 西経60.36306度 / -62.64167; -60.36306