リッチー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

リッチーRitchey Design Inc.)はアメリカ合衆国自転車用品メーカーである。ネバダ州スパークスに本社を置いている。

概要[編集]

フレームからハンドルサドルクランクタイヤなど多くの自転車部品を販売する他ジャージヘルメットなども取り扱う一大ブランドである。1990年代には競技指向の軽量フレーム、独創的な変速機などで知られていたが、現在では製品の多くはOEM商品であり、リッチー自身が開発・製造に関与している製品は以前に比べると少ない。

なおリッチーブランドのフレームは日本東洋フレームが製造を請け負っていたが、2004年にはデモンターブルのフレーム「ブレイクアウェイ」を発表。従来のクロムモリブデン鋼 (クロモリ) 製に加えて現在チタンモデルも出ている。長らくラインナップとして加えられているフレームは「ブレイクアウェイ」のみであったが、2012年よりシクロクロス、29er(29インチホイールのMTB)を出している。

創業者のトム・リッチーゲイリー・フィッシャーとともにマウンテンバイクを開発したことで知られている。

特色[編集]

マウンテンバイク草創期からのブランドであるが、超オーバーサイズのヘッドパーツ、サスペンションフレームやアルミ素材、29インチホイールなど革新的な規格、技術を次々に導入したゲイリー・フィッシャーに対し、長きにわたってフロントサスペンションなしリジッドフレーム、スチール(クロムモリブデン鋼)パイプのフレームにこだわるなど保守的な面が目立つメーカーである。リッチー・ロジックの設計哲学は「強度を保ちつつ軽量化する」事であり、主力モデルにも「P-22」(完成車重量22ポンドの意味)等軽さをアピールする名が冠されていた。

しかしながら現在ではカーボン素材の製品を取り入れている。それでも現在販売されるフレームは全てクロムモリブデン鋼ないしチタンが使われており、金属強度の限界点のない(負荷をかければ少しずつでも金属疲労が進行する)アルミニウム合金は使われていない。

軽さが要求されるクロスカントリーでの活躍がめざましく、1992年から1994年にかけて3年連続で世界選手権の優勝車となっている。

外部リンク[編集]