ラーシュ・ソービエ・クリステンセン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ラーシュ・ソービエ・クリステンセン

ラーシュ・ソービエ・クリステンセンノルウェー語: Lars Saabye Christensen1953年9月21日 - )は、ノルウェーの作家。

オスロ郊外のシーレベックで育ったが、長年北部のソルトランに在住した。両方とも、彼の創作活動に大きな影響を及ぼしている。現在はオスロの学生街であるブリンデルンに暮らす。

デンマークのハーフで、デンマークの市民権を得ている[1]

経歴[編集]

大学で文学、ノルウェー語、美術史、思想史を学ぶ。1976年に処女詩集 Historien om Gly を発表し、同年のタリエイ・ヴェースオース新人賞を受賞。

多くの詩や戯曲、脚本を著したが、なかでも小説で知られる。1977年の Amatøren 以降、 Beatles(1984年:カッペレン賞)や Halvbroren(2001年:ブラーゲ賞、北欧理事会文学賞、2005年度国際IMPACダブリン文学賞候補作)を著した。HermanGutten Som Ville Være En Av GuttaMaskeblomstfamilienModellen なども知られる。

バンド「ノルシュ・ウトフルクト」に、1993年から4篇の詩を提供している。2006年10月24日に聖オーラヴ勲章[1][2]、2008年にフランス政府から芸術文化勲章を受勲[3][4]。ノルウェー言語学・文学アカデミー会員[5]

作品[編集]

小説[編集]

  • Amatøren (1977)
  • Jaktmarker (1979)
  • Billettene (1980)
  • Jokeren (1981) - 英訳 The Joker (1991)
  • Beatles (1984) - 英訳 Beatles (2001)
  • Blodets bånd (1985)
  • Sneglene (1987)
  • Herman (1988) - 英訳 Herman (2005)
  • Bly (1990)
  • Gutten som ville være en av gutta (1992)
  • Ingens (1992)
  • Jubel (1995)
  • Den misunnelige frisøren (1997)
  • Noen som elsker hverandre (1999)
  • Halvbroren (2001) - 英訳 The Half Brother (2001)
  • Maskeblomstfamilien (2003)
  • SATS (2003)
  • Oscar Wildes heis (2004)
  • Modellen (2005) - 英訳The Model (2007)
  • Saabyes cirkus (2006)
  • Bisettelsen (2008) [1][6]
  • Visning (2009)
  • Bernhard Hvals forsnakkelser (2010)

詩集[編集]

  • Historien om Gly (1976)
  • Kamelen i mitt hjerte (1978)
  • Paraply (1982)
  • Åsteder (1986)
  • Stempler (1989)
  • Vesterålen (1989)
  • Den akustiske skyggen (1993)
  • Den andre siden av blått. Et bildedikt fra Lofoten og Vesterålen. (1996) - 英訳 The Other Side of Blue: Pictures and Poems from Lofoten and Vesterålen (1997)
  • Pasninger (1999)
  • Falleferdig himmel (1998)
  • Under en sort paraply (1999)
  • Pinnsvinsol (2000)
  • Sanger og steiner (2003)
  • Norske omveier - i blues og bilder (2005)
  • Men buicken står der fremdeles (2009) トム・スタルスベルグと共著、ラーシュ・アイヴィン・ボネス画

戯曲[編集]

  • Colombus ankomst (1986)
  • Mekka (1994)

児童書[編集]

  • Kongen som ville ha mer enn en krone (1999)
  • Mann for sin katt (2000) ルネ・ヨハン・アンデション画
  • Ordiord (2007) ルネ・ヨハン・アンデション画

絵本[編集]

  • Den arktistike drømmen (2007)

受賞歴[編集]

  • 1976年 Historien om Gly でタリエイ・ヴェースオース新人賞
  • 1984年 Beatles でカッペレン賞
  • 1987年 Sneglene でリヴェルトン賞
  • 1988年 Herman でノルウェー批評協会文学賞
  • 1988年 サルプスボルグ賞
  • 1990年 Bly で本屋大賞
  • 1991年 アマンダ賞
  • 1993年 ドブルグ賞
  • 1997年 リクスモール社会文学賞
  • 1999年 サルプスボルグ賞
  • 2001年 オーモント像
  • 2001年 Halvbroren で本屋大賞
  • 2001年 Halvbroren でブラーゲ賞
  • 2001年 Halvbroren でデン・ノシュケ・イェーセル賞
  • 2002年 Halvbroren北欧理事会文学賞
  • 2005年 Halvbroren国際IMPACダブリン文学賞ノミネート
  • 2008年 芸術文化勲章

脚注[編集]

  1. ^ a b c "Siste bok i Lars Saabye Christensens Beatles-trilogi" (Final book in Lars Saabye Christensen's Beatles trilogy), Norge: det offisielle norske nettsted i Danmark (Norwegian Embassy in Denmark official site), retrieved 20 September 2010. (ノルウェー語)
  2. ^ "Kommandør Lars Saabye Christensen: Forfatteren Lars Saabye Christensen ble tirsdag utnevnt til Kommandør av Den Kongelige Norske St. Olavs Orden for fortjeneste av norsk litteratur" (Commander Lars Saabye Christensen: Author Lars Saabye Christensen was Thursday named as a Commander of the Royal Norwegian Order of St. Olav for services to Norwegian literature), NRK, 25 October 2006 (ノルウェー語)
  3. ^ "Remise de l’Ordre des Arts et Lettres à Lars Saabye Christensen" (Presentation of the Order of Arts and Literature to Lars Saabye Christensen), Embassade de France en Norvège, retrieved 20 September 2010. (フランス語)
  4. ^ Catherine Gonsholt Ighanian, "Norske forfattere hyllet i utlandet: Lars Saabye Christensen ble i går utnevnt til ridder av Frankrike, og Karin Fossum vant prestisjepris i L.A. i natt" (Norwegian authors honoured abroad: Lars Saabye Christensen was yesterday named a Knight of France, and Karin Fossum won a prestigious prize in L.A. last night), VG Nett, 26 April 2008 (ノルウェー語)
  5. ^ Det Norske Akademi for Sprog og Litteratur” (Norwegian). Norwegian Academy for Language and Literature. 2009年2月10日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2009年4月25日閲覧。
  6. ^ Joacim Lund, "Stille i stormens øye: Jeg ville oppfylle én eneste forventning - min egen, sier Saabye Christensen før lanseringen" (Calm in the eye of the storm: I want to fulfill one single expectation - my own, says Saabye Christensen before the launch), Aftenposten, 19 August 2008 (ノルウェー語)

外部リンク[編集]

受賞
先代:
イングヴァール・モーエ
タリエイ・ヴェースオース新人賞
1976年度
次代:
ビャルネ・レニング
先代:
リチャード・ヘルマン
オットー・オグリム
ヘルムート・オルメスター
コーレ・ルンデ
カッペレン賞
1984年度
ルネ・ベルスヴィークオヴェ・レスバクカリン・スヴェーンと)
次代:
コルバイン・ファルカイド
アルヴィード・ハンセン