ランジョウサウルス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ランジョウサウルス
ランジョウサウルス
ランジョウサウルス想像図
地質時代
白亜紀前期
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 爬虫綱 Reptilia
亜綱 : 双弓亜綱 Diapsida
下綱 : 主竜形下綱 Archosauromorpha
上目 : 恐竜上目 Dinosauria
: 鳥盤目 Ornithischia
亜目 : 鳥脚亜目 Ornithopoda
階級なし : イグアノドン類Iguanodontia
階級なし : スティラコステルナ類Styracosterna
: オウラノサウルス属
Lanzhousaurus
学名
Lanzhousaurus
You, Ji & Li, 2005

ランジョウサウルスLanzhousaurus白亜紀初期に現在の中国甘粛省付近に生息していた鳥脚類恐竜の属である。部分的な骨格が発掘されている。これは、2005年にYou, Ji および Li によりタイプ種Lanzhousaurus magnidensとして記載されている。

特徴[編集]

ランジョウサウルスはおそらくその "驚くほど巨大な歯"を特筆すべきであり、これはこれまでに発見された草食動物では最大である、そしてそれはイグアノドン類Iguanodontia)のスティラコステルナ類Styracosterna)に属していることを示す。下顎骨は1mを越え、この動物が非常に大きなものであったことを指し示す。属名は発見地である甘粛省蘭州(Lanzhou)とギリシャ語でトカゲを意味するsaurosに由来する、また種小名magnidensはその巨大な歯にちなむ。

参照[編集]