ラングール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

ラングールは、霊長目オナガザル科ラングール属サルの総称。

概要[編集]

ハヌマンラングールなど十数種から成る。体は細長く、体長 40〜80cm、尾長 50〜110cmで、尾が著しく長い。

生態[編集]

南アジアに分布し、低地から標高 4000mの山地まで分布する。おもに森林地帯を好むが、開けた場所にもすむ。樹上性であるが、水を飲みに、また食物を捕えるのに降りることもある。

脚注[編集]

[ヘルプ]