ラック・ローズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
ラック・ローズ
LacRose1.jpg
場所 ヴェルデ岬
座標 北緯14度50分18.02秒 西経17度14分41.36秒 / 北緯14.8383389度 西経17.2448222度 / 14.8383389; -17.2448222座標: 北緯14度50分18.02秒 西経17度14分41.36秒 / 北緯14.8383389度 西経17.2448222度 / 14.8383389; -17.2448222
種類 塩湖
セネガルの旗 セネガル
水面積 3 km2 (1 sq mi)
最深部 3メートル (9.8 ft)
ラック・ローズの塩

ラック・ローズ (lac Rose、正式名称レトバ湖 lac Retba) は、西アフリカにあるセネガル共和国ダカール州

バラ色の湖という通称として有名であり、またパリ~ダカール・ラリーのゴールとしても名高い。この潟湖は海水よりも10倍ほど塩分濃度が高く、最大40%となるの産地でもある。

湖の深さはわずか3メートルしかない[1]。湖面が下がる乾季(11月 - 6月)には、そのバラ色が鮮やかになる[2]。 バラ色になる理由は、塩湖に住む藻類、ドナリエラ・サリナ(Dunaliella salina)によるもの[3]

[編集]

アフリカ全土から集まった3,000人以下の男女が、毎日6から7時間かけて塩の生産に関わっており、塩による肌荒れを防止するため、シアーバターノキから摂れるシアバター(beurre deKarité)で肌を保護している。採取された塩は、現地では魚の保存などに使用される。

魚たちは、湖の塩分に適応した結果、普通の環境で育ったものより小ぶりになる[4]

出典[編集]

  1. ^ ピンク色に染まる湖「ラック・ローズ」、採塩盛んに”. CNN.co.jp (2014年8月2日). 2018年7月21日閲覧。
  2. ^ Lake Retba (Lac Rose) - The Pink Lake of Senegal”. lakeretba.com. 2017年11月8日閲覧。
  3. ^ 05/06/2012 11:08 Updated: 05/06/2012 11:10  . “Lake Retba In Senegal Looks Like A Giant Strawberry Milkshake”. Huffingtonpost.co.uk. 2013年5月23日閲覧。
  4. ^ http://www.sciencephoto.com/media/409080/view

関連項目[編集]

  • ヒリアー湖 - オーストラリア南部にあるミドル島にある海水の10倍の塩分濃度の塩湖。湖の水は、ドナリエラ属の藻類による影響でピンク色を帯びている。
  • 腐海 - ウクライナ本土とクリミア半島の間に横たわるアゾフ海の西岸に広がる干潟で、ピンク色に染まる。
  • Las Coloradas(ラス・コロラダス) - メキシコにある漁村で、ピンクレイクと呼ばれる塩田がある。