ラジアル・フレクション

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

ラジアル・フレクション(radial flexion)は、ウエイトトレーニングの種目の一つ。橈側手根屈筋橈側手根伸筋の筋肥大を促し、筋力を高めることができる。関節可動域いっぱいに手首を動かすことのできる重量で行う。着脱式のダンベルの片側にプレートをセットして行うことができるが、専用のバーがあれば理想的である。

具体的動作[編集]

ラジアル・フレクション[編集]

  1. 腕を体側につけ、ダンベルの先端を前方に向けて持つ。ダンベルの先端をなるべく下げておく。
  2. 天井に向けるようにして手首の親指側を上げていく。
  3. しっかりと上げたら、ゆっくりとダンベルの先端を下ろして元の姿勢に戻る。
  4. 2~3を繰り返す。

関連項目[編集]

参考文献[編集]

  • 窪田登、『ウイダー・トレーニング・バイブル』、森永製菓株式会社健康事業部。