ヨーゼフ・ヴァイグル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Weigl.jpg

ヨーゼフ・ヴァイグル(Joseph Weigl 1766年3月28日-1846年2月3日)は、オーストリア作曲家、および指揮者である。

生涯[編集]

1766年に父親でチェリストのヨゼフ・フランツ・ヴァイグル(1740年-1820年)の息子として、オーストリアのアイゼンシュタットに生まれる。父親はフランツ・ヨーゼフ・ハイドンと同じくエステルハージ家に仕えていたチェリストだった。後にウィーンアントニオ・サリエリヨハン・ゲオルク・アルブレヒツベルガーに音楽を学んだ。1783年に最初のオペラ『取り越し苦労、または裏切られた悪意』を作曲し、初演の際サリエリから称賛され、ヴァイグルを激励したと伝えられる。

1790年にヴァイグルはウィーン宮廷劇場の楽長に就任し、1827年から1838年まで主に宮廷劇場の副楽長を務めたが、翌年の1839年には退職した。その後は静かな余生を過ごし、1846年2月3日にウィーンで死去。

ヴァイグルは生涯で34曲のオペラを残しているが、今日上演されることはほとんど無い。1809年に成功を収めたオペラ『スイス人の一家』しかあまり知られていない。

作品[編集]

オペラ、ジングシュピール[編集]

  • 取り越し苦労、または裏切られた悪意(1783)
  • La sposa collerica(1786)
  • Il pazzo per forza(1788)
  • La caffettiera bizzarra(1790)
  • Der Strazzensammler oder Ein gutes Herz ziert jeden Stand(1792)
  • La principessa d’Amalfi(1794)
  • Das Petermännchen 1. und 2. Teil(1794)
  • Giulietta e Pierotto(1794)
  • I solitari(1797)
  • L’amor marinaro ossia Il corsaro(1797)
  • 山の村(1798)
  • L’accademia del maestro Cisolfaut, Oper in zwei Akten (1798)
  • L’uniforme, Oper in drei Akten (Schönbrunn 1800), als Die Uniform (dt., 1805)
  • ヴェスタの火(1805)
  • Il principe invisibile(1806)
  • Kaiser Hadrian(1807)
  • Adrian von Ostade(1807)
  • クレオパトラ(1807)
  • Il rivale di se stesso(1808)
  • 児童養護施設(1808)
  • スイス人の一家(1809)
  • アルプスの隠者(1810)
  • Die Verwandlungen(1810)
  • Franziska von Foix(1812)
  • 地滑り(1813)
  • Die Jugend Peter des Großen(1814)
  • L’imboscata(1815)
  • Margaritta d’Anjou ossia L’orfana d’Inghilterra(1819)
  • ナイチンゲールとカラス(1818)
  • Daniel in der Löwengrube oder Baals Sturz(1820)
  • ヴァルデマル王、またはデンマークの漁師(1821)
  • エドモンド、またはキャロライン(1821)
  • 鉄の門(1823)

その他の作品[編集]

18曲のバレエ音楽、協奏曲、舞曲、チェンバロ曲、カンタータ、宗教曲なども作曲している。