ヨゼフ・フェルディナンド・ゼゲル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

ヨーゼフ・フェルディナント・ノルベルト・ゼーガー(チェコ名はヨセフ・セゲル)(Josef Ferdinand Norbert Seger, *1716年3月21日 レピン - †1782年4月22日 プラハ)はドイツ系チェコ人作曲家。旧ボヘミア楽派の重鎮。ボフスラフ・チェルノホルスキーに師事。いくつかのプラハの教会で声楽家ヴァイオリニストとして活動。1741年より教会オルガニストとしても活動。1781年にウィーン宮廷オルガニストに任命されるが、契約満了を待たずに他界した。

きわめて多作な作曲家であり、数百曲のオルガン曲のほか、数種類の宗教曲(ミサ曲モテット詩篇リタニ)を手懸けている。その作品は永らく忘れられていたが、20世紀初頭になって再発見され、再び陽の目を見るようになった

作品[編集]

  • 前奏曲とフーガ ハ短調 【イルジナ・ポコルナによる演奏例
  • トッカータとフーガ ト短調 【ミラン・イェレンによる演奏例