ヨステダール氷河

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
ヨステダール氷河
P1000290Jostedalsbreen.JPG
ソグン・オ・フィヨーラネ県における位置
ソグン・オ・フィヨーラネ県における位置
ソグン・オ・フィヨーラネ県における位置
種別 山岳氷河
所在地 ノルウェー ソグン・オ・フィヨーラネ県
座標 北緯61度42分38秒 東経06度55分27秒 / 北緯61.71056度 東経6.92417度 / 61.71056; 6.92417座標: 北緯61度42分38秒 東経06度55分27秒 / 北緯61.71056度 東経6.92417度 / 61.71056; 6.92417
面積 487 km2 (188 sq mi)
全長 60 km (37 mi)
厚さ 600 m (2,000 ft)

ヨステダール氷河ノルウェー語 (ニーノシュク): Jostedalsbreen英語: Jostedal Glacier)は、ノルウェー西部に位置する[1]ヨーロッパ大陸で最も大きな氷河である。氷河は、ソグン・オ・フィヨーラネ県のラスター、ソグンダール、ヨルステル、そしてストリンの各自治体に跨る。地域で最も高い標高2,083メートル (6,834 ft)の山(Lodalskåpa)の谷を下る。

歴史[編集]

1906年に観光客用の登山道が整備された[2]

地理[編集]

ヨステダール氷河は、60キロメートル (37 mi)強の長さと487km2 (188 sq mi)の総面積を持つ。最高地点は海抜1,957メートル (6,421 ft)(Hogste Breakulen)で、氷河の最も厚い部分は600メートル (2,000 ft)ある。 氷河は、1991年に指定された1,310km2 (510 sq mi)のヨステダール氷河国立公園の一部を成し、公園の半分以上を覆っている[1]

氷河は、低温ではなく高い降雪量率によって維持されている。これは氷河が溶けやすいことを意味している。氷河は、海抜300メートル (980 ft)で分岐し、それぞれの谷を下るおよそ50本の氷河腕を持つ[1]

2012年、氷河腕のひとつであるブリクスダール氷河は、数ヶ月の間に50メートル (160 ft)の氷を失っている。最近の測定では、ブリクスダール氷河が2006年に146メートル (479 ft)退き、山頂部の大氷原を失う危険性があったことが判明した。現在では、この氷河の後退によりアイスクライミングを行うことができなくなっている。

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c Luhr, James F., ed (2003). Illustrated Encyclopedia of the Earth. Dorling Kindersley. ISBN 978-1-4053-3270-5. 
  2. ^ Med handmakt i den stupbratte fjellsida legg sherpaene ny sti opp til Jostedalsbreen [By hand-force the sherpas prepare a new path in the steep mountainside leading up to the Jostedal Glacier]

参考文献[編集]

  • Dyer, Anthony; Robertson, Ian H.; Baddeley, John (2006). Walks and Scrambles in Norway. United Kingdom: Rockbuy Limited. ISBN 978-1-904466-25-3. 
  • Slingsby, William Cecil (2003). Norway: the Northern Playground. Rockbuy Limited. ISBN 978-1-904466-07-9. 
  • Wold, Bjørn; Ryvarden, Leif (1996). Jostedalsbreen, Norway's Largest Glacier. Oslo, Norway: J. W. Cappelens Forlag AS. ISBN 978-82-7683-092-7. 

外部リンク[編集]