ユリウス・エーヴォラ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ユリウス・エーヴォラ
Julius Evola.png
生誕 (1898-05-19) 1898年5月19日
イタリア王国の旗 イタリア王国 ローマ
死没 (1974-06-11) 1974年6月11日(76歳没)
イタリアの旗 イタリア ローマ
死因 心不全

ユリウス・エーヴォラ(Julius Evola、1898年5月19日 - 1974年6月11日)は、イタリアの哲学者、政治思想家、神秘思想家、形而上理論家、画家。

生涯[編集]

ローマで生まれた。シチリア系の男爵家の出身。ローマで工学を学ぶが失望し、それに代わって哲学に没頭した。ドイツ語ヨハン・ゴットリープ・フィヒテゲオルク・ヴィルヘルム・フリードリヒ・ヘーゲルフリードリヒ・シェリングといったドイツ観念論を修める[1]。とりわけオットー・ヴァイニンガーマックス・シュティルナーフリードリヒ・ニーチェゴータマ・ブッダジョルジュ・ソレルルネ・ゲノンジョゼフ・ド・メーストルは心骨に至るほどの感化をもたらす。のちにエーヴォラは20代の時に自殺を考えたがブッダによって命を救われたという[2]

第一次世界大戦中は砲兵としてアジアーゴに駐兵。戦後、トリスタン・ツァラフィリッポ・トンマーゾ・マリネッティに感銘を受け、未来派ダダイズムに参加。やがてエーヴォラはファシズム運動に参加、この頃からエーヴォラは多くの書物を著しはじめる。ルーマニア鉄衛団のシンパだったミルチャ・エリアーデはエーヴォラの著書を読了して感慨を受け、両者は終生続く親交を結ぶ[1]

厳格なカトリックの家門出身だったエーヴォラはカトリシズムを捨て古代の異教を理想とし、秘教、魔術、オカルト、錬金術、密教、神秘主義思想を追い求め、近代システム、民主主義、フランス革命、近代世界を否定[1]、さらにレイシズムオカルティズム、ファシズム、エソテリシズムを根幹にすえて独自の神秘主義的アーリア至上主義に基づいた新帝国の建国を唱えた。

1941年に刊行されたスピリチュアルレイシズムを背景とした優性思想の書『Sintesi di Dottrina della Razza』を刊行、本書を読んだベニート・ムッソリーニは賞賛、すぐさま本書はドイツ語に訳された。これによりエーヴォラはイタリアにおける人種論のイデオローグになった。エーヴォラはムッソリーニにより招かれて意見交換をおこない、それからムッソリーニの援助で人種論機関誌『Sangue e Spirito』を立ち上げた。

イタリアでファシスト政権が崩壊するとドイツに亡命したが1945年にソビエト赤軍の空爆によって負傷、後遺症が残った[1]。戦後、エーヴォラは逮捕されたが最後まで転向を拒否、ネオファシズムの中心的唱導者としてイタリアで大いに影響力を誇った。ローマのアパートで心不全によって絶命。エーヴォラは生涯を独身で貫き、子供もいなかった。

著作[編集]

  • Imperialismo pagano 1928
  • Rivolta contro il mondo moderno 1934
  • Il Mistero del Graal e la Tradizione Ghibellina dell'Impero 1937
  • Sintesi di Dottrina della Razza 1941
  • La dottrina del risveglio 1943

脚注[編集]

外部リンク[編集]