ユフヴィ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ユフヴィ
Johvi estonia.jpg
ユフヴィの旗
ユフヴィの紋章
紋章
ユフヴィの位置(エストニア内)
ユフヴィ
ユフヴィ
位置図
北緯59度21分 東経27度25分 / 北緯59.350度 東経27.417度 / 59.350; 27.417座標: 北緯59度21分 東経27度25分 / 北緯59.350度 東経27.417度 / 59.350; 27.417
エストニアの旗 エストニア
Ida-Virumaa lipp.svg イダ=ヴィル県
基礎自治体 Flag of Jõhvi.svg ユフヴィ教区
面積
 • 合計 7.62km2
人口
(2009年)
 • 合計 16,850人
 • 密度 2,200/km2
等時帯 UTC+2 (東ヨーロッパ時間)
 • 夏時間 UTC+3 (東ヨーロッパ夏時間)
ウェブサイト www.johvi.ee

ユフヴィエストニア語: Jõhviドイツ語: Jewe(イェーヴェ))は、エストニアの町でイダ=ヴィル県の県都。ユフヴィ教区の行政の中心でもある。ロシア国境から50kmに位置する。

ソ連時代に移り住んだロシア人とその子孫が人口の58%を占めるため、エストニア人は少数派である。

歴史[編集]

デンマーク支配下の1241年に行われた国勢調査の記録に、村としての記載がある。かつては GewiJewi とも表記された。13世紀に建てられた教会が、後に地元の教区の中核となった。

1938年5月1日、コンスタンティン・パッツがエストニアの町名をエストニア名に改めると、イェーヴェはユフヴィに改称された。1991年まではコフトラ=ヤルヴェの一地区だった。2005年、ユフヴィ町はユフヴィ教区と合併した。

姉妹都市[編集]

ギャラリー[編集]

外部リンク[編集]