ユニットケア

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

ユニットケアとは、「配属された職員が患者・入居者・利用者の看護・介護・要望・苦情に迅速かつ柔軟に判断・対応ができるよう、規模を縮小した看護介護の提供態勢」である。

ユニットケアが実現すると以下のことが実現すると言われている。

  • 小規模ケアは入居者・利用者の個別ケアを可能にする。
  • 入居者・利用者と職員が顔なじみの関係になれる。
  • 入居者・利用者とスタッフの距離を近づけることが可能になる。
  • 職員が入居者・利用者一人ひとりに深く関わることが可能になる。
  • 入居者・利用者一人ひとりを知ることが可能になる。
  • 入居者・利用者の要望・希望・苦情に耳を傾ける機会を増やすことが容易になる。
  • 入居者・利用者が日常性の高い生活を営むことが可能になる。
  • 入居者・利用者が主体性をもって生活することが可能になる。

外部リンク[編集]