ヤーナ・クニッツ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ヤーナ・クニッツ(Jaana Kunitz、1972年3月23日 - )は、アメリカ合衆国のくびれメイクスペシャリスト、インストラクター、元ラテンダンサーである。フィンランド出身。身長167cm、体重53kg。ウエスト62cm、ヒップ87.5cmで黄金比(ウエスト:ヒップ=7:10)のボディを持つ。 1994年の西部アメリカチャンピオンシップ優勝を皮きりに数々の競技ダンス大会で優勝。 2006年、くびれダンスエクササイズコアリズムを日本で発売。累計320万枚を突破して一大ブームとなる。2011年、新たなプログラムであるヤーナリズムを開発。

来歴[編集]

イジメられっ子が全米No.1ダンサーに[編集]

幼いころ太っていたことが原因でイジメられていた事があり、「スリムになりたい」と人一倍思っていた。そんな時に出会ったのがダンス。自ら振り付けを考えて踊るなどダンスの楽しさにのめり込み、学校内で有名な存在に。17歳のとき、本格的にプロのダンサーになることを目指して渡米。最愛のパートナー・ジェームズと巡り合い、彼とペアを組んだ数多くの国際大会でチャンピオンになった。

ダンスとエクササイズの融合 [編集]

引退後も体型や健康は維持したいと考え、エアロビクスやステップなどありとあらゆるトレーニングを試したが、どれも退屈で長続きしなかった。そこで「なぜ自分はダンスを続けられたのか?」を思い返し、ダンステクニックを覚えたり披露するのが面白かったこと、実はダンステクニックこそが凄いトレーニングだったことを発見。しかし、ダンスの要素を取り入れたエクササイズは当時はなかったため、「ないなら自分で作ってしまおう」と思い、フィットネスの勉強を開始した。そして、ACE(全米エクササイズ協会)の認定インストラクターを取得し、ダンスとエクササイズの融合に取り組み始める。

狭いホテルの一室で生まれた腰フリ術 [編集]

当時もエアロビクスなど音楽に合わせて動くエクササイズはあったが、「足のステップが難しくて続かない」という欠点があった。もっとカンタンで効果的な方法を探している中、ふとダンス競技会の前日にホテルで自主練習したことを思い出す。狭いホテルの一室なので当然十分に動き回れるスペースはないため、仕方なくその場でカラダのコアを動かしながらイメージトレーニングをしていた。その時の経験から、ダンサーが最も意識する「コアの筋肉を動かす」ことが最も効果的なエクササイズだとひらめく。そして、楽しく腰を振りながらコアでリズムを取るエクササイズ、コアリズムを考案した。

コアリズムのヒット[編集]

腰フリダンスエクササイズ、コアリズムは320万枚の大ヒットを記録し、多くの女性にくびれる喜びを与えた。その後も忙しい人でも手軽に始められるヤーナリズムを開発するなど、現在も多くの女性が“ハッピー”になれるように精力的に活動を続けている。

人物[編集]

食生活とライフスタイル[編集]

食べ物はすべて自分の細胞の源になり、肌、内臓、髪の毛を美しくさせる大切なものと考え、食事はヘルシーなものを摂るように心掛け、常に体形のキープに気を付けている。常に意識しているのは野菜、赤身肉のたんぱく質、フルーツ、穀物、乳製品の5種類の食品群を食べること。野菜はブロッコリーやアスパラガス、ほうれん草など緑色のモノ、ヨーグルトは濃厚で栄養価の高いギリシャヨーグルトがお気に入りである。反対に、砂糖、白パン、白米、パスタなどの加工食品、酒、フルーツジュース、キャンディ、ソーダ、マヨネーズは摂らないなどこだわりを持っている。

健康的で引き締まった体形をキープするために、もうひとつ気をつけているのは規則正しい生活を送ること。きちんとした食事管理と日常的な運動、そして7~8時間の睡眠を心掛けている。

プライベート[編集]

多忙な中でも家族との時間を大切にし、リラックスする時間を作るようにしている。そうすることで1日の疲れが取れるのはもちろん、悩みごとがあっても気持ちがリセットされ、新しいアイデアが浮かんで解決できることが多いと考えている。 夫・ジェームズとは仲が良く、ダイビングやハイキング、スノーボードなど、二人一緒にアクティブに活動している。休日は愛犬のジャクソンと遊んだり、多くの友達を招待してホームパーティーを開催。また、自らカーテンを縫ってインテリアに手を加えたりと、常に楽しみながら自分のライフスタイルを豊かにしている。

ダンス大会の受賞歴[編集]

1994年

  • 西部アメリカチャンピオンシップ優勝
  • イーストコーストダンスフェスティバル優勝 
  • ダンススポーツショーケーススペクタキュラー優勝

1995年

  • ホリディボールカリフォルニアオープン優勝
  • ヘリテッジクラシック優勝
  • カリフォルニアウィンターフェスティバル優勝

1996年

  • テキサスチャレンジサウスウェスト地区優勝
  • ヤンキークラシック優勝
  • サファイアボール優勝
  • アメリカ合衆国チャンピオン優勝

1997年

  • ヴァージニア州ネバダ スターボール優勝
  • バンコク アジアチャンピオンシップ代表大会(タイ)入賞
  • ロンドン 英国ダンス教師協会ラテンファイナリスツ第3位

1998年

  • インターナショナルグランドボール優勝
  • イギリス ライジングスターラテンファイナリスト( 第三回)入賞
  • ランナーズアップ ブラックプールダンスフェスティバル(第二回)入賞
  • ロンドン オープンランナーズアップ第2位
  • チャレンジオブチャンピオンシップス トップラテンカップル優勝

1999年

  • ノースウェストスターボール優勝
  • イギリス ライジングスターラテンファイナリスト第3位
  • 全米ダンススポーツチャンピオンシップ(U.S.D.S.C)優勝
  • チャンピオンズ オブ シノ‐アメリカン招待大会(台湾)優勝

2000年

  • ホリディダンスクラシック優勝

2001年

  • 米国オープントゥーザワールド ラテンファイナリスツ第4位
  • オハイオ スタボール ショーダンスチャンピオンズ優勝

2002年

  • 世界ラテンアメリカンショーダンスファイナリスツ第4位

作品リスト[編集]

エクササイズDVD[編集]

  • コアリズム
  • コアリズム サルサパーティー
  • コアリズム サンバフュージョン
  • コアリズム メレンゲマニア
  • コアリズム カルディオジャイブ
  • コアリズム スイングセンセーション
  • コアリズム ラテンシナジー
  • コアリズム キックスタートガイド
  • ヤーナリズム
  • ヤーナリズム レディーフォーダンス
  • ヤーナリズム パーフェクトボディトーン

書籍[編集]

  • コアリズムエッセンスDVD BOX
  • コアリズム考案者ヤーナ・クニッツの簡単くびれダイエットDVD BOOK

出演映画[編集]

芸能界のコアリズム、ヤーナリズムファン[編集]

外部リンク[編集]