モーセ・コルドベロ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

モーセ・コルドベロMose(s) ben Jacob Corodovero, Mosheh ben Ya'aqobh Qordobhero, 1522年 - 1570年5月27日)は、イスラエルの地のラビで、カバラー学者。ラマク Ramaq として知られる。

1548年の主著「柘榴の庭 Pardes rimmonim」によって知られ、これはトーラーの神学的解釈の体系的記述となっている。

著作[編集]

  1. Zohar Ohr Yakar - A classic commentary on the Zohar.
  2. Tomer Devorah ("Palm tree [of] Deborah")
  3. Ohr Neerav
  4. Reshit Chochmah

外部リンク[編集]