モリシマアカシア

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
モリシマアカシア
花
分類APG III
: 植物界 Plantae
階級なし : 被子植物 angiosperms
階級なし : 真正双子葉類 eudicots
階級なし : コア真正双子葉類 core eudicots
階級なし : バラ類 rosids
階級なし : マメ類 fabids
: マメ目 Fabales
: マメ科 Fabaceae
亜科 : ネムノキ亜科 Mimosoideae
: アカシア属 Acacia
: モリシマアカシア
A. mearnsii
学名
Acacia mearnsii
De Wild.
シノニム
  • Acacia decurrens
  • A. mollissima
英名
Black Wattle

モリシマアカシアは、マメ科ネムノキ亜科[1]に分類される常緑高木の一種。ただし、日本においては、本来ならば「ブラックワトルAcacia mearnsii De Wild.)」のことを「モリシマアカシア」と称している。また、本来のモリシマアカシアの学名は、Acacia mollissimaである。

分布[編集]

オーストラリア南東部、タスマニアを原産地とする[2]

アフリカ南部に外来種として帰化している[2]

特徴[編集]

6-20mほどの高木で、草原や河原などに生育する。葉は二回羽状複葉で、棘はない。種子生産量の多さと種子の生存期間の長さにより、繁殖力は非常に高い。

南アフリカなどでは本種が林冠を拡げることで日光を遮ってしまい、在来種の植物の生育を妨げている[2]世界の侵略的外来種ワースト100に選定されている[2]。日本では野生化していないものの、外来生物法により要注意外来生物に指定されている[2]

アカシア樹皮抽出物の利用[編集]

モリシマアカシア樹皮抽出物にはポリフェノールが含まれており、ポリフラボノイドやそれらの前駆体から構成されている。ポリフラボノイドは分子量300から3000の化合物から構成されている [3]プロアントシアニジンである。このアカシア樹皮抽出物は商業的にモリシマアカシアの樹皮から熱水抽出で製造されている。その主要なポリフェノールは縮合型タンニンであり、フィセチニドール(fisetinidol)、ロビネチニドール(robinetinidol)、カテキン、ガロカテキン(gallocatechin)といったフラバン-3-オールを主としたフラボノイドから構成されている [4]

モリシマアカシアの樹皮は、皮なめしのための優れたタンニン原料のひとつとして1814年に初めて認められた。[5]それ以来、熱水樹皮抽出物(タンニン)は、皮なめしのために利用されている。1960年代に南アフリカではタンニンの過剰生産が起こり、タンニンの価格が下がり、皮なめしの利用以外での利用が必要とされ、一方、オーストラリアの連邦政府の研究機関で1940年代以来タンニンの木材接着剤としての研究がなされて、アカシア樹皮抽出物の接着剤としての利用が初めて確立された。それ以来現在もなお、樹皮抽出物の接着剤としての利用がなされている。[6] アカシア樹皮抽出物の生理活性については、1994年に抗菌作用 [7][8][9]antibacterial action.の研究が行われ、それに続いて、抗酸化活性[10]、抗ガン作用 [11]、抗菌作用[12][13][14]、抗酵素阻害(リパーゼ阻害[15][16] 、α-アミラーゼ阻害 [17] [18]、グルコシダーゼ阻害[19]、抗糖尿と抗肥満作用[20]などを有することが報告されている。またヒト臨床試験においても安全性[21]に加え、食後血糖上昇抑制 [22]などが報告されている。2017年には、アカシア樹皮由来プロアントシアニジンを機能性関与成分とした食後血糖値の上昇を穏やかにする機能がある機能性表示食品として届出がなされている [23]

ギャラリー[編集]

引用文献[編集]

  1. ^ クロンキスト体系ではネムノキ科とする。
  2. ^ a b c d e 多紀保彦(監修) 財団法人自然環境研究センター(編著) 『決定版 日本の外来生物』 平凡社2008年4月21日ISBN 978-4-582-54241-7p.274
  3. ^ Roux, D.G. Study of the affinity of black wattle extract constituents. Part I. Affinity of polyphenols for swollen collagen and cellulose in water. J. Soc. Leather Trades’ Chem. 1955, 39, 80–91.
  4. ^ Botha, J.J.; Ferreira, D.; Roux, D.G. Condensed Tannins: Direct Synthesis, Structure, and Absolute Configuration of Four Biflavonoids from Black Wattle Bark (‘Mimosa’) Extract. J. Chem. Soc. Chem. Commun. 700–702, 1978.
  5. ^ Searle, S. The rise and demise of the black wattle bark industry in Australia; CSIRO Division of Forestry, Australia, 1991; Technical paper No.1, pp. 1-42, ISBN 0643052313.
  6. ^ 矢崎義和;木質用天然物(タンニン)系接着剤, 日本接着学会誌, 37, 2001
  7. ^ Ohara, S.; Suzuki, K.; Ohira, T. Condensed tannins from Acacia mearnsii and their biological activities. Mokuzai Gakkaishi. 1994, 40, 1363–1374.
  8. ^ Olajuyigbe, O.O.; Afolayan, A.J. In vitro antibacterial and time-kill assessment of crude methanolic stem bark extract of Acacia mearnsii DeWild against bacteria in shigellosis. Molecules 2012, 17, 2103–2118.
  9. ^ Olajuyigbe, O.O.; Afolayan, A.J. A comparative effect of the alcoholic and aqueous extracts of Acacia mearnsii DeWild on protein leakage, lipid leakage and ultrastructural changes in some selected bacterial strains as possible mechanisms of antibacterial action. J. Pure Appl. Microbiol. 8, 1243–1257, 2014.
  10. ^ Yazaki, Y. Utilization of Flavonoid Compounds from Bark andWood: A Review. Nat. Prod. Commun. 2015, 10, 513-520
  11. ^ Liu, X.;Wang, F. Investigation on biological activities of proanthocyanidins from black wattle bark. Chem. Ind. For. Prod. 2007, 27, 43–48.
  12. ^ Ohara, S.; Suzuki, K.; Ohira, T. Condensed tannins from Acacia mearnsii and their biological activities. Mokuzai Gakkaishi. 1994, 40, 1363–1374.
  13. ^ Olajuyigbe, O.O.; Afolayan, A.J. In vitro antibacterial and time-kill assessment of crude methanolic stem bark extract of Acacia mearnsii DeWild against bacteria in shigellosis. Molecules 2012, 17, 2103–2118.
  14. ^ Olajuyigbe, O.O.; Afolayan, A.J. A comparative effect of the alcoholic and aqueous extracts of Acacia mearnsii DeWild on protein leakage, lipid leakage and ultrastructural changes in some selected bacterial strains as possible mechanisms of antibacterial action. J. Pure Appl. Microbiol. 2014, 8, 1243–1257.
  15. ^ Kusano, R.; Ogawa, S.; Matsuo, Y.; Tanaka, T.; Yazaki, Y.; Kouno, I. α-Amylase and lipase inhibitory activity and structural characterization of Acacia bark proantocyanidins. J. Nat. Prod. 2011, 74, 119–128.doi: 10.1021/np100372t
  16. ^ Ikarashi, N.; Takeda, R.; Ito, K.; Ochiai, W.; Sugiyama, K. The Inhibition of Lipase and Glucosidase Activities by Acacia Polyphenol. eCAM 2011, 2011272075.
  17. ^ Kusano, R.; Ogawa, S.; Matsuo, Y.; Tanaka, T.; Yazaki, Y.; Kouno, I. α-Amylase and lipase inhibitory activity and structural characterization of Acacia bark proantocyanidins. J. Nat. Prod. 2011, 74, 119–128.
  18. ^ Matsuo, Y.; Kusano, R.; Ogawa, S.; Yazaki, Y.; Tanaka, T. Characterization of the a-Amylase Inhibitory Activity of Oligomeric Proanthocyanidin from Acacia mearnsii Bark Extract. Nat. Prod. Commun. 2016, 11, 1851–1854.
  19. ^ Ikarashi, N.; Takeda, R.; Ito, K.; Ochiai, W.; Sugiyama, K. The Inhibition of Lipase and Glucosidase Activities by Acacia Polyphenol. eCAM 2011, 2011272075.
  20. ^ Ikarashi, N.; Toda, T.; Okaniwa, T.; Ito, K.; Ochiai, W.; Sugiyama, K. Anti-obesity and anti-diabetic effects of Acacia polyphenol in obese diabetic KKAy mice fed high-fat diet. Evid.-Based Complement. Alternat. Med. 2011, 2011, 952031.doi: 10.1093/ecam/nep241
  21. ^ Ogawa, S.; Miura, N. Safety Evaluation Study on Overdose of Acacia Bark Extract (Acacia Polyphenol) in Humans—A Randomized, Double-blind, Placebo-controlled, Parallel Study. Jpn. Pharmacol. Ther. 2017, 45, 1927–1934.
  22. ^ Takeda, R.; Ogawa, S.; Miura, N.; Sawabe, A. Suppressive Effect of Acacia Polyphenol on Postprandial Blood Glucose Elevation in Non-diabetic Individuals—A Randomized, Double-blind, Placebo-controlled Crossover Study.Jpn. Pharmacol. Ther. 44, 1463–1469, 2016.
  23. ^ Utilization of Flavonoid Compounds from Bark and Wood. Ⅲ. Application in Health Foods. Sosuke Ogawa , Yosuke Matsuo, Takashi Tanaka, Yoshikazu Yazaki, molecules 23, 1860, 2018doi: 10.3390/molecules23081860

外部リンク[編集]