モスタル国際空港

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
モスタル国際空港
Međunarodna Zračna Luka Mostar
Међународни Аеродром Мостар
IATA: OMO - ICAO: LQMO
概要
国・地域 ボスニア・ヘルツェゴビナの旗 ボスニア・ヘルツェゴビナ
所在地 ヘルツェゴビナ=ネレトヴァ県
母都市 モスタル
種類 公共
運営者 ボスニア・ヘルツェゴビナ民間航空局 (BHDCA)
標高 48 m
座標 北緯43度16分58秒 東経017度50分45秒 / 北緯43.28278度 東経17.84583度 / 43.28278; 17.84583座標: 北緯43度16分58秒 東経017度50分45秒 / 北緯43.28278度 東経17.84583度 / 43.28278; 17.84583
ウェブサイト 公式ウェブサイト
滑走路
方向 長さ×幅 (m) 表面
16/34 2,400×48 アスファルト
出典:ボスニア・ヘルツェゴビナAIP at EUROCONTROL[1]
リスト
空港の一覧
テンプレートを表示

モスタル国際空港ボスニア語: Međunarodna Zračna Luka Mostar英語: Mostar International Airport)とは、ボスニア・ヘルツェゴビナのヘルツェゴビナ地方の中心都市でヘルツェゴビナ・ネレトヴァ県の県都でもあるモスタルにある国際空港メジュゴリェ巡礼でよく使われる。

沿革[編集]

1965年、国内線民間航空向けに開港した。1984年サラエボオリンピック開催時にサラエヴォ国際空港に次ぐ空港として国際線が就航し、モスタル国際空港となった。

就航路線[編集]

脚注[編集]

外部リンク[編集]