モジュール:HelloWorld

ナビゲーションに移動 検索に移動
モジュールの解説[表示] [編集] [履歴] [キャッシュを破棄]

このモジュールはウィキペディアにおけるLuaモジュールの構造を示すための簡単なサンプルです。

関連項目[編集]

-- WikipediaのLuaモジュールは、外部からアクセスできる関数を入れる変数の
-- 宣言から始める必要があります。この変数の名前は何でもよく、変数にデータを入れることもできます。
local p = {};

-- そして、変数に関数を追加します。そうすることで、Wikipediaから#invokeして呼び出せるようになります。
-- frame変数には、呼び出し時にWikipediaから渡されるデータが入ります。
p.hello = function( frame )

    -- ローカル変数を宣言して"Hello World!"に初期化
    local str = "Hello World!"

    -- str変数の中身をWikipedia側に戻して関数を脱出します。
    -- printのような関数は使えないので、出力はこのように文字列の返り値でやり取りします。
    return str

-- hello関数の終わり
end

-- モジュールの終わりでは、関数を含んだ変数をWikipedia側に返します。
return p

-- こうすれば、{{#invoke: HelloWorld | hello }}のような形でこのモジュールを使えます。
-- #invokeでは、直後にモジュール自体の名前、次の引数に関数名を渡します。