この影響が特に大きいテンプレートは、荒らしを予防するために無期限に編集保護されています。

モジュール:Check for unknown parameters

ナビゲーションに移動 検索に移動
モジュールの解説[表示] [編集] [履歴] [キャッシュを破棄]

このモジュールはテンプレート内で不明な引数を検査するのに使われます。

使い方

基本的な使い方

{{#invoke:check for unknown parameters|check
|unknown=[[Category:何らかの追跡カテゴリ]]
|arg1|arg2|...|argN}}

または、追跡カテゴリでのソートキーを追加しつつプレビューで警告メッセージを表示させます:

{{#invoke:check for unknown parameters|check
|unknown=[[Category:何らかの追跡カテゴリ|_VALUE_]]
|preview=不明な引数 "_VALUE_"
|arg1|arg2|...|argN}}

または赤文字でエラーを表示します:

{{#invoke:check for unknown parameters|check
|unknown=<span class="error">_VALUE_ 引数が不明です</span>
|arg1|arg2|...|argN}}

上記の例において、arg1arg2からargNまでが既知とされる引数であり、名無し引数も|1|2|argname1|argname2|...のように指定できます。この呼び出しで記入されていない引数が指定されている場合、モジュールはunknown引数を返します。_VALUE_のキーワードは当該引数名を返します。このキーワードはエラーメッセージをより正確にしたり、追跡カテゴリでソートキーとして使ったりできます。

このモジュールは既定では空白と空白以外を指定した引数を区別しません。例えば、|foo=x|foo=は同じ扱いになります。空白以外を指定した引数のみ追跡する場合は|ignoreblank=1を指定してください。

このモジュールは既定では空白の名無し引数を追跡しません。例えば、|2=は無視されます。このような引数を追跡する場合は|showblankpositional=1を指定してください。

Luaパターン

このモジュールではLuaパターン正規表現と似ている)が使えます。これは数多くの引数が何らかのパターンに従っているときに使えます。例えば、Template:Infobox3colsでは下記のように指定して、headerNUMlabelNUMdataNUMdataNUMadataNUMbdataNUMcrowcellstyleNUM(NUMは数字)といった形の引数をマッチしています。

| regexp1 = header[%d][%d]*
| regexp2 = label[%d][%d]*
| regexp3 = data[%d][%d]*[abc]?
| regexp4 = class[%d][%d]*[abc]?
| regexp5 = rowclass[%d][%d]*
| regexp6 = rowstyle[%d][%d]*
| regexp7 = rowcellstyle[%d][%d]*

{{Infobox
| above = {{{name|}}}
| label1 = 高さ
| data1 = {{{height|}}}
| label2 = 重さ
| data2 = {{{weight|}}}
| label3 = ウェブサイト
| data3 = {{{website|}}}
}}<!-- 
  Infoboxの終わり、追跡の始まり
-->{{#invoke:Check for unknown parameters|check
| unknown = {{main other|[[Category:何らかの追跡カテゴリ|_VALUE_]]}}
| preview = 不明な引数 "_VALUE_"
| name
| height | weight
| website
}}

このモジュールを使用しているテンプレート

検索をご参照ください。

関連項目

  • Module:TemplatePar(ドイツ語版ウィキペディアより移入)
  • en:Template:Parametersen:Module:Parameters – テンプレートから引数名のリストを生成する
  • he:Module:ParamValidator - TemplateDataに基づいて引数の検査を行う、ヘブライ語ウィキペディアのモジュール(英語の説明文あり)。下記を検査できます:
    • TemplateDataにない引数の使用
    • TemplateDataで非推奨と指定された引数
    • 引数内容の打ち間違い(主に「数字」とされる引数で数字以外が入力された場合)
    • TemplateDataで必須と指定された引数の未指定
    • 引数とそのエイリアスの両方が指定されている場合

-- This module may be used to compare the arguments passed to the parent
-- with a list of arguments, returning a specified result if an argument is
-- not on the list
local p = {}

local function trim(s)
	return s:match('^%s*(.-)%s*$')
end

local function isnotempty(s)
	return s and s:match('%S')
end

local function clean(text)
	-- Return text cleaned for display and truncated if too long.
	-- Strip markers are replaced with dummy text representing the original wikitext.
	local pos, truncated
	local function truncate(text)
		if truncated then
			return ''
		end
		if mw.ustring.len(text) > 25 then
			truncated = true
			text = mw.ustring.sub(text, 1, 25) .. '...'
		end
		return mw.text.nowiki(text)
	end
	local parts = {}
	for before, tag, remainder in text:gmatch('([^\127]*)\127[^\127]*%-(%l+)%-[^\127]*\127()') do
		pos = remainder
		table.insert(parts, truncate(before) .. '&lt;' .. tag .. '&gt;...&lt;/' .. tag .. '&gt;')
	end
	table.insert(parts, truncate(text:sub(pos or 1)))
	return table.concat(parts)
end

function p.check (frame)
	local args = frame.args
	local pargs = frame:getParent().args
	local ignoreblank = isnotempty(args['ignoreblank'])
	local showblankpos = isnotempty(args['showblankpositional'])
	local knownargs = {}
	local unknown = args['unknown'] or 'Found _VALUE_, '
	local preview = args['preview']

	local values = {}
	local res = {}
	local regexps = {}

	-- create the list of known args, regular expressions, and the return string
	for k, v in pairs(args) do
		if type(k) == 'number' then
			v = trim(v)
			knownargs[v] = 1
		elseif k:find('^regexp[1-9][0-9]*$') then
			table.insert(regexps, '^' .. v .. '$')
		end
	end
	if isnotempty(preview) then
		preview = '<div class="hatnote" style="color:red"><strong>警告:</strong> ' .. preview .. '(このメッセージはプレビュー時のみ表示されます。)</div>'
	elseif preview == nil then
		preview = unknown
	end

	-- loop over the parent args, and make sure they are on the list
	for k, v in pairs(pargs) do
		if type(k) == 'string' and knownargs[k] == nil then
			local knownflag = false
			for _, regexp in ipairs(regexps) do
				if mw.ustring.match(k, regexp) then
					knownflag = true
					break
				end
			end
			if not knownflag and ( not ignoreblank or isnotempty(v) )  then
				table.insert(values, clean(k))
			end
		elseif type(k) == 'number' and
			knownargs[tostring(k)] == nil and
			( showblankpos or isnotempty(v) )
		then
			table.insert(values, k .. ' = ' .. clean(v))
		end
	end

	-- add results to the output tables
	if #values > 0 then
		if frame:preprocess( "{{REVISIONID}}" ) == "" then
			unknown = preview
		end
		for _, v in pairs(values) do
			if v == '' then
				-- Fix odd bug for | = which gets stripped to the empty string and
				-- breaks category links
				v = ' '
			end
			-- avoid error with v = 'example%2' ("invalid capture index")
			local r = unknown:gsub('_VALUE_', {_VALUE_ = v})
			table.insert(res, r)
		end
	end

	return table.concat(res)
end

return p