メール広告

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

メール広告(メールこうこく)とは、特にインターネットのメールにおける広告形態をさし、あるメール広告媒体の登録を行う事でユーザーヘ電子メールによる広告の配信を行う事である。スパムメールとは違いユーザー登録の際にメールを送るパーミッションを行う。

概要[編集]

インターネット媒体の中でも会員を所持している広告主体が、会員へのメールマガジンなどでメール広告を行う。ダイレクトメールの電子メール版。 インターネットが普及したと同時に多くのメール広告が開発された。

種類[編集]

基本的にこのメール広告と言う形態は、

  • サービス全体に配信するメールマガジンのヘッダー・ミドル・フッターへの5行程度の広告
  • 趣味嗜好を予め登録者に確認してメールを配信するオプトインメール広告を通数に応じて課金する広告
  • それらをクリック報酬型広告による課金体系にした広告がある。

他にも様々な手法がある。

利点[編集]

広告主側からすると、一斉に各媒体社のユーザーへメール広告を行う事が出来るので素早いレスポンスが期待できる。 オプトインメールの場合、登録しているユーザーへはメールが送られ来ることで一定の 報酬が期待できる。

時代背景[編集]

2000年のネットバブルから急速に成長したメール広告市場だが 検索連動型広告の広告が開発によりユーザーのメール広告によるレスポンス(反応)は低下。

関連[編集]