メモリーツリー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

メモリーツリーとは勉強法・記憶法の一つ。もともとは、「マインドマップ」の発想法を基にしたもので、根本的なところは「マインドマップ」と同じものである。

概要[編集]

放射思考ができるノート術で、従来の箇条書きベースのノートのとり方ではなく、マップ状に全体に広がっていく様にノートをとる。全体の関係が視覚的に見やすく、脳に優しいといわれている。コミック「ドラゴン桜」で紹介されたことで一躍有名になった。

  • この思考法は、他国でも多く取り入れられている。
    • 韓国:韓国では、マインドマップの義務教育化
    • 中国:中国では、英語の学習にマインドマップが使用されている。
    • フィンランド:子供の学力が高いことで有名なフィンランドでも、「カルタ」という名称で、同じ放射思考のノート術が広まっている。

備考[編集]

メモリーツリーを描くソフトウェアはいくつかある。

  • FreeMind:オープンソースで開発されているソフトウェア。簡単なマップを描く基本操作ができる。
  • WordGraph - タブインデントで記述されたテキストの構造を解析し、グラフ描画するソフト。
  • メモリーツリー - メモリーツリーを作成・表示できるAndroidアプリケーション
  • iroha Note - カード型のテキストを並べ、リンクすることが可能。Windows、Mac、Android、iOS版が存在する。