メフィスト (パチスロ)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

メフィストMephisto)とは、山佐2003年3月に発表したパチスロ機(4号機)である。

概要[編集]

メーカー公式には「テトラ付き機種の最終進化形態」と位置づけ、円熟したメイン・テトラリールアクション、サウンドは、相応しい出来である。但し、テトラリール機種はメフィストが最後、という意味では無い。

当初は同時期に山佐が発表していたネオマジックパルサーとの抱き合わせが指摘された。(メフィスト導入店にネオマジックパルサーを先行導入するという流れ)

完成度の高さや一撃必殺のビッグバンモードの搭載もあり話題を呼んだが、時代が液晶画面に移行している中、テトラ機はホール側から受け入れられず、稼働しているホールは少なかった。ただ、完成度の高さを見抜いたファンからは一定の支持を得ていた。

ゲームソフトは発売されていないが、山佐が提供している携帯アプリとオンラインホールの777town.netでプレイできる。

特徴[編集]

  • パチスロにおいては珍しく文学作品を出典としており、ドイツの文人ゲーテの代表作とされる長編戯曲「ファウスト」に登場する悪魔「メフィストフェレス」をモチーフとしている。
  • ハイパービッグ(HB)、チャレンジビッグ(CB)搭載のツインBB方式。
  • 7ラインBタイプのST機である。ST機としたことで天井機能、高確率状態(エクストラゾーン)の搭載を実現した。
  • ボーナス終了時に次回のボーナスの種類(HB・CB・RB)が決定される。レギュラーボーナスが選択される確率は低い(1/128)が、RB消化後にほぼビッグバンモードへ突入するプレミアムボーナスとなっている。
  • CBの天井ゲーム数は995+前兆5G、HBの天井ゲーム数は1095+前兆5G。
  • ファウストに搭載されていた「W HYPER MODE」は本機には搭載されていない。

演出[編集]

小役の告知や予告音・フラッシュ・継続演出など多彩なパターンが存在。

  • バウンドストップ:小役またはボーナス
  • 小役のエクストラライン揃い(小山・小V):チャンス目の役目。
  • エクストラゾーン:一部のリプレイおよびスイカの50%で突入。エクストラゾーンでの当選率はおよそ1/3。
  • フリーズ演出:約17秒間、テトラリールによる慟哭の演出の後、ビッグセブンが出現する。レギュラーボーナス確定。

ボーナス[編集]

ビッグボーナス[編集]

ハイパービッグ(HB)とチャレンジビッグ(CB)の2種類。通常時の確率はそれぞれ1/2。ビッグバンモード中は100%でHBとなる。リプレイハズシは、両ビッグ共に逆押しを行うと制御で外れる。ファウストのCBにはJACIN告知が存在しなかったが、メフィストは搭載している。

  • HB(テトラの7が赤):15枚役のナビ(押し順)が発生。平均450枚(メーカー公表値)の獲得。
  • CB(テトラの7が青):3択正解時に15枚役を獲得できる。不正解時は3枚役となる。平均295枚の獲得。またリプレイハズシ時に、左リール下段に赤7を目押しすることにより次ゲームでナビを発生させることが出来る。これを実践することにより平均320枚まで獲得枚数を増やすことが可能。

レギュラーボーナス[編集]

  • ボーナス放出時の1/128で当選。単純確率で約1/24,000。正にプレミアムボーナスとなる。
  • 終了後は「ビッグバンモード」へ突入。ビッグバンモード中の天井ゲーム数は45G+前兆5G。放出されたビッグは100%でハイパーとなる。平均で4000枚近く、またはそれ以上の獲得が可能。
  • ビッグバンモード中はメインリール上部のメフィストランプが点灯し、ビッグバンモードに入っているのが一目で分かるように工夫されている。

関連項目[編集]