メトロポリタン鉄道Aクラス蒸気機関車

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
メトロポリタン鉃道Aクラス、Bクラス
Metropolitan Railway steam locomotive number 23.jpg
en:London Transport Museumで保存されているAクラス23号機
動力方式 蒸気
製造所 ベイヤー・ピーコック
製造日 1864-1870 (A Class)
1879-1885 (B Class)
軸配置(ホワイト式) en:4-4-0T
機関車重量 42.1-45.2 トン
燃料種別 コークス石炭
水容量 1,000ガロン(A Class)
1,140ガロン(B Class)
ボイラ圧力 120-130 lbs/sq in (new)
150 lbs/sq in (modified)
気筒 2
気筒寸法 17 in
運用者 メトロポリタン鉄道
同一形式両数 40 (A Class)
26 (B Class)

メトロポリタン鉄道AクラスおよびBクラス蒸気機関車はベイヤー・ピーコックが製造し、メトロポリタン鉄道にて1864年から運用された軸配置en:4-4-0T復水式蒸気機関車である。Aクラスはトータルで40機、そして1885年にはわずかに異なるBクラスが26機製造された。地下鉄で使用するため、機関車は蒸気を復水し、また燃焼時の黒煙を減らすためにコークスまたは煙の出ない石炭を使用した。

20世紀始めの路線の電化後は引退し、1907年に40機が売却された。1936年には残り1機になり、それが現在ロンドン交通博物館で保存されている。

歴史[編集]

製造[編集]

1863年にメトロポリタン鉄道(Met)が開業したとき、グレート・ウェスタン鉄道(GWR)はMetropolitan Class蒸気機関車を使って運行した。しかし、1863年8月にGWRは運行から撤退し、メトロポリタン鉄道はパディントン駅からファリンドン駅まで地下路線の運行のために復水式蒸気機関車を必要とし、GWRの蒸気機関車を買い上げた。テンダーマンチェスターベイヤー・ピーコックで標準とされているもので、2600ポンドで機関車18機分がそれぞれ6ヶ月以内に用意された。機関車のデザインはメトロポリタン鉄道のエンジニアJohn Fowlerに頻繁に帰属したが、しかしデザインはベイヤー・ピーコックの機関車の開発が作っていたスペインのen:Tudela & Bilbao Railwayが持っていて、Fowlerは駆動輪の直径、車軸重量と鋭いカーブを案内する機能を指定するのみであった。[1]

1864年に引き渡されたen:4-4-0タンク機関車は16インチ (410 mm) x 20インチ (510 mm)シリンダーを備え、直径5 フィート ½ an インチ (1.537 m)の動輪と整備重量は42トン3クォートだった。ボイラー圧力は120 psi (830 kPa)で、先台車はビッセル台車、40立方フィート (1.1 m3)の石炭庫を備えていた。これは地下の鉄道で使用されることを目的とし、機関車は運転室に屋根を持たず、単純な見栄え目的のプレートを持つのみであった。[2]地下での発煙を抑える為に、最初はコークスを燃やし、1869年からはウェールズ産無煙炭に切り替えた。[3]

最初の18機の機関車には独自の名前を持ち、オーバーホールの際はネームプレートが取り外された。[4]

1 Jupiter 4 Mercury 7 Orion 10 Cerberus 13 Daphne 16 Achilles
2 Mars 5 Apollo 8 Pluto 11 Latona 14 Dido 17 Ixion
3 Juno 6 Medusa 9 Minerva 12 Cyclops 15 Aurora 18 Hercules

これらの機関車は1866年から1868年にかけてそれぞれ5機ずつ、1869年には6機が増備された。これらの機関車を補給するテンダーは67立方フィート (1.9 m3);1868年にボイラー圧力は130 psi (900 kPa)に強化された。[5]1879年からはさらに機関車を必要とし、これらはAdams Bogiesによりデザインが変更され、ホイールベースが8 フィート 1 インチ (2.46 m)となり、以前の機関車の8 フィート 10 インチ (2.69 m)より短くなった。[6]これらの後期の全24機の機関車は1879年と1885年に引き渡された。[7]

機関車は引き渡されると順番に番号が付けられ、1925年に、1870年より前に製造された機関車にはAクラス、それ以降の機関車にはBクラスの格付けが行われた。[8]1868年に5機のBurnett 0-6-0タンク機関車がSt John's Wood Railway向けに配備された時、その機関車には34から38の番号が与えられ、AクラスはNo.1-33と39-44号機から構成された。のちに0-6-0タンク機関車が売却されたあと、Bクラスが先の番号にあてがわれ、Bクラスは34-38と50-66号機となった。[7]

走行[編集]

1880年から1885年の間、17機の機関車はEdgware Roadでボイラー交換され、1886年からあとはNeasden車庫で行われた。Neasdenでのボイラー圧力は150重量ポンド毎平方インチ (1,000 kPa)に加圧され、1894年から後は動輪直径が5 フィート 10 インチ (1.78 kg)に、シリンダーは17+12インチ (440 mm)に増強された。[9]1895年の後にはキャブが取り付けられたが、乗務員からはトンネル内での作業があまりにも暑すぎると不評になった。[9]

1873年と1884年に連結棒の破損アクシデントがあり、1885年に断面積が増大された。1893年に原型のアラン式弁装置をギブソン・アンド・リリー式弁装置に交換することで問題は最終的に解決され、1896年には全ての機関車に取り付けられた。[10]

1898年、62号機が実験的に油を燃やしたが、しかし地下での使用のために適切な品質のオイルはあまりにも高価だった。[10]1921年にはさらなる油の燃焼実験が行われた。

メトロポリタン鉄道AクラスとBクラス機関車はメトロポリタン鉄道の路線全体を通して活躍した。1884年には第20号までの機関車のほとんどはNeasdenの車庫にいて、27号機から33号機はEast London Railwayで使われ、その他の21号機から50号機はEdgware Roadで、51号機から66号機はHammersmithでハマースミス&シティ線に使用された。[11]

撤退[編集]

1905年から06年にかけてロンドン市内線が電化された後は、多くの機関車が余剰となった。1907年に40機が売却あるいは解体され、1号機は1897年初期にベイカー・ストリートでの事故に巻きこまれた。1914年に多数の機関車がスクラップのためにR. Fraser and Sons送りになり、13機の機関車がen:Brill Tramwayでの分岐線や部門の仕事と作業の列車用に保有され続けた。[12][13]他の機関車の買収、1935年のBrill tramwayの廃線、ロンドン・アンド・ノース・イースタン鉄道での貨物輸送への転用を経て、1936年にはこれらの機関車は残り1機を除いて全て売却または廃棄された。Aクラス23号機(LT No.45)は現在en:London Transport Museumで保存されている。

22号機は1925年にen:District Railway売却され、1931年に解体された。[14]売却されたいくつかの機関車は多少長く生存した。7号機はen:Mersey Railwayに売却され1939年に引退し、44号機はダラムのPelaw main collieryで1948年まで生存した。[15]

証票[編集]

オリジナルの機関車には黒と黄色に明るいオリーブグリーンの線を引いていた。煙突は銅がかぶせられ前面に真鍮フィギュアのナンバーが付けられていた。ドームもまた磨かれた真鍮である。1885年にはMidcaredとして知られる暗い赤に塗り替えられ、ドームは塗装された。Midcaredは標準色のままにあり、1933年にLondon Transportに採用された。[16]

脚注[編集]

  1. ^ Goudie 1990, p. 11.
  2. ^ Goudie 1990, pp. 11-12.
  3. ^ Jackson 1986, pp. 117–118.
  4. ^ Goudie 1990, p. 24.
  5. ^ Goudie 1990, pp. 12 ,24.
  6. ^ Goudie 1990, pp. 12, 24.
  7. ^ a b Goudie 1990, p. 12.
  8. ^ Find ref.
  9. ^ a b Goudie 1990, p. 13.
  10. ^ a b Goudie 1990, p. 14.
  11. ^ Goudie 1990, p. 18.
  12. ^ Casserley 1977, p. 8.
  13. ^ Goudie 1990, p. 18, 19, 72-74.
  14. ^ Casserley 1977, p. 52.
  15. ^ Casserley 1977, p. 10, 11.
  16. ^ Goudie 1990, pp. 69-70.

書誌情報[編集]

  • Bruce, J Graeme (1983). Steam to Silver. Capital Transport. 
  • Casserley, H.C. (1977). The Later Years of Metropolitan Steam. Truro: D.Bradford Barton. ISBN 0-85153-327-2. 
  • Goudie, Frank (1990). Metropolitan Steam Locomotives. Capital Transport. ISBN 9781854141187. 

External links[編集]