メアリー・ボール・ワシントン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
メアリー・ボール・ワシントン
Mary Ball Washington(Pine).jpg
1786年、ロバート・エッジ・パイン英語版による肖像画。
生誕 Mary Ball
(1708-11-30) 1708年11月30日
バージニア州ランカスター郡ライブリー
死没 1789年8月26日(1789-08-26)(80歳)
バージニア州スポットシルベニア郡
配偶者 オーガスティン・ワシントン
子供 ジョージ・ワシントンなど5人

メアリー・ボール・ワシントン(Mary Ball Washington, 旧姓名メアリー・ボール(Mary Ball), 1708年11月30日 - 1789年8月26日)は、アメリカ合衆国初代大統領ジョージ・ワシントンの母。

経歴[編集]

1708年にランカスター郡ライブリーで、ジョセフ・マテウス・ボールとその2番目の妻メアリー・ジョンソンの一人娘として生まれた。3歳で父を失い、12歳で孤児となり、母の遺言に従い、ジョージ・エスクリッジ弁護士の後見の下に置かれた。

1731年3月6日にオーガスティン・ワシントンと結婚した。オーガスティンは再婚、メアリーは初婚であった。

以下の子供がいた。

オーガスティンは1743年に死亡した。再婚せず、バージニアで過ごした。長男の成人まで、他人の助けを借りて不動産やプランテーションを管理していた。1789年には息子ジョージが初代アメリカ合衆国大統領となるのを見届けた。

息子の革命的な政治には公然と反対の立場をとり、バージニア州に拠点を置くフランスの役人によると、戦争中、ロイヤリストの同調者であったと云う。[1]

バージニア州に請願しているにもかかわらず、決して極貧ではなかった。[2]息子ジョージは母のため、フレデッリクスバーグに小さな家を購入した。ジョージに遺言の執行者とし、土地の大部分を残した。

頻繁にフレデリックスバーグ郊外にある娘ベティとその夫のケンモア大農場を訪問した。ベティの家の近くの"meditation rock"がお気に入りであった。これは読書と祈りのためのお気に入りの隠れ家だったと言われている。死後はそこに埋葬するようベティに頼み、死後、実行された。

記念[編集]

脚注[編集]

  1. ^ George Washington: A Life by Willard Stearne Randall (1997). New York: Henry Holt and Company, Inc. page 440. ISBN 0-8050-5992-X
  2. ^ George Washington: A Life by Willard Stearne Randall (1997). New York: Henry Holt and Company, Inc. page 440. ISBN 0-8050-5992-X

外部リンク[編集]