ムッフシン=アル・ラムリ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

ムフスィン・アッ=ラムリーアラビア語: محسن الرمليMuḥsin ar-Ramlī、Muhsin Al-Ramli)は、イラク系スペイン人の小説家詩人翻訳家学者アラビア語スペイン語の著書を持つ。1967年イラクで生まれ、1995年以来、スペインに在住。2003年マドリード自治大学哲学文学、スペイン語学の博士号を取得した。博士論文のタイトルは「『ドン・キホーテ』に見られるイスラーム文化の足跡」(スペイン語: Las huellas de la cultura islámica en El Quijote[1]。自身が共同で設立した文化誌「Alwah」の編集者。セントルイス大学マドリード分校の教授。

いくつかスペイン語の古典をアラビア語に翻訳。

ムフスィン・アッ=ラムリー

主な著作[編集]

小説[編集]

  • 来世紀からの贈り物(短編集)、1995年。
  • チグリス川より遠し紙(短編集)、1998年。
  • 散在パン粉(長編)1999年、英語版はアーカンソー賞受賞(アメリカ)、2002年。
  • 日付の指(長編)、2008年、2010年アラブ小説賞のファイナリスト(ブッカー)。

その他[編集]

  • 生きる心を探して(戯曲)、1997年。
  • 楽しき夜の爆撃(物語)、2003年。
  • 我々はすべての答えのやもめ(詩)、2005年。

出典[編集]

外部リンク[編集]