ムカデ人間2

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ムカデ人間2
The Human Centipede II (Full Sequence)
監督 トム・シックス
脚本 トム・シックス
製作 イローナ・シックス
トム・シックス
出演者 ローレンス・R・ハーヴェイ
音楽 ジェームズ・エドワード・バーカー
撮影 デヴィッド・メドウズ
編集 ナイジェル・デ・ホンド
配給 日本の旗 トランスフォーマー
公開 アメリカ合衆国の旗 2011年10月7日
日本の旗 2012年7月14日
上映時間 91分
製作国 オランダの旗 オランダ
イギリスの旗 イギリス
言語 英語
興行収入 $141,877[1]
2500万円[2] 日本の旗
前作 ムカデ人間
次作 ムカデ人間3
テンプレートを表示

ムカデ人間2』(むかでにんげん2、原題: The Human Centipede II (Full Sequence))は、2011年に公開されたトム・シックス監督作のホラー映画

前作『ムカデ人間』の直接的な続編ではなく、前作の映画を鑑賞した主人公が、映画の内容を自分で実行するという狂気へと呑まれるというストーリー。ほぼ全編モノクロで制作されているが、「ムカデ人間 完全連結 ブルーレイBOX」には、カラー版が収録されている。

ストーリー[編集]

知的障害を持つ小柄な男マーティンは、ロンドンの地下駐車場で夜間警備員として働きながら、母親とペットであるムカデ1匹と暮らしていた。そんな中、マーティンは『ムカデ人間』のDVDを繰り返し鑑賞している内に自分もムカデ人間を作ってみたいという欲望にかきたてられる。

その結果、マーティンは夜の地下駐車場を訪れた人々を拳銃やバールで気絶させ、拉致して倉庫に監禁。更に映画の出演者の1人で、真ん中を担当していたアシュリン・イェニーを映画のオーディションと偽り倉庫へ連れ込もうとする。

ところが、その計画の進行中にムカデ人間についてまとめたファイルを母親に見られてしまう。幼い頃、父親が彼を性的虐待して逮捕・投獄された事もあり、かねてから息子の存在を疎ましく思っていた母親は激しく罵り、ファイルとペットであるムカデを処分しようとするも、それを見て激昂したマーティンに殺害されてしまう。

歯止めを失った彼の行動はエスカレートしていき、ついには12人もの人間が倉庫に集められる。そして、マーティンは映画のDVDを参考にムカデ人間の製作に取り組んでいく。

キャスト[編集]

その他[編集]

過激な内容のため映倫からオリジナルのままでは日本国内での上映禁止と判断され、修正してやっとR18+での上映にこぎつけた[3]

日本版予告編では前作に引き続き若本規夫がナレーションを務めた。

脚注[編集]

  1. ^ The Human Centipede II (Full Sequence)”. Box Office Mojo. Amazon.com. 2013年8月31日閲覧。
  2. ^ キネマ旬報」2013年2月下旬決算特別号 223頁
  3. ^ 上映禁止の危機を回避!『ムカデ人間』続編が日本公開決定!映倫はしぶしぶ許可、映画館は英断!? - シネマトゥデイ

外部リンク[編集]