マーシャ・クロス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
マーシア・クロスから転送)
ナビゲーションに移動 検索に移動
マーシャ・クロス
Marcia Cross
マーシャ・クロス Marcia Cross
生年月日 (1962-03-25) 1962年3月25日(58歳)
出生地 マサチューセッツ州マールバラ
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
身長 178cm
配偶者 トム・マホーニー(2006-)
テンプレートを表示

マーシャ・クロス(Marcia Cross, 1962年3月25日 - )は、アメリカ合衆国マサチューセッツ州出身の女優。テレビドラマ「デスパレートな妻たち」のブリー役で脚光を浴びた。

ジュリアード音楽院で演劇を学んだ後、ロサンゼルスのアンティオク大学で心理学修士号を取得しており、2005年にイギリスの心理学専門の科学雑誌の表紙を飾った。「デスパレートな妻たち」で演じているブリーにも大学で心理学を専攻したという共通点がある。2004年スターダムにのぼる以前は、ソープオペラ「メルローズ・プレイス」やヒューマンドラマ「エバーウッド」での演技で注目されていた。

私生活[編集]

長年連れ添った25歳年上の俳優リチャード・ジョーダンと1993年に死別。2005年にレズビアンであるとの報道がなされるが、否定。

2006年6月、投資家のトム・マホーニーと結婚。同年9月に妊娠を発表するが、「デスパレートな妻たち」シーズン3の撮影を降板せずに翌年1月上旬まで続けた。このためキャスト、スタッフがクロスの自宅で撮影を行うことになり、クロスの私室は役柄であるブリーの寝室にしつらえられた。出産前後のブランクではクロスの不在を調整する形で脚本が編集され、撮影されている(シーズン3の第16-22話)。2007年2月20日、ロサンゼルスの病院で、45歳の誕生日を目前に一卵性の双子の女児(エデン、サヴァンナ)を出産[1]。早くもシーズン3最終話で復帰する。

2009年1月、夫のトム・マホーニーが癌に罹患しており闘病中であると発表した[2]

2009年10月、米TVガイドがアメリカのテレビ番組におけるギャラを発表し、出演ドラマである「デスパレートな妻たち」の出演料が1話につき、40万ドル(日本円で約4000万円)で女性部門の1位にランクインした。

2009年10月、経済誌フォーブス誌が「最も稼いでいる女性セレブ」のランキングを発表し、2008年の収入が620万ドル(日本円で約5億5,800万円)で9位にランクインした[3]

2010年8月、テレビガイド誌によると「デスパレートな妻たち」の1エピソードあたりの推定出演料が40万ドル(日本円で約3,400万円)であることがわかった[4]

2010年9月、夫が咽頭癌を克服したので同じ癌のマイケル・ダグラスは希望を持つようにと励ました[5]

2018年9月、インスタグラムで肛門癌を患っていたことを告白し、無事に治療を終えた姿を公開した[6]

2019年11月、アトランティック誌主催のイベントで肛門癌を恥ずかしがらず積極的に治療を受けるようにと発言した[7]

主な出演作品[編集]

メディア 作品名
テレビドラマ

脚注・出典[編集]

[脚注の使い方]

外部リンク[編集]