マルティニーク島の海戦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
マルティニーク島の海戦
Combat de la Dominique 17 Avril 1780 Rossel de Cercy 1736 1804.jpg
オーギュスト=ルイ・ド・ロセル・ド・セルシー英語版画『ドミニカの戦い』
戦争アメリカ独立戦争
年月日1780年4月17日
場所西インド諸島マルティニーク島沖
結果:フランスの戦術的勝利
交戦勢力
グレートブリテン王国の旗 グレートブリテン王国 Royal Standard of the King of France.svg フランス王国
指導者・指揮官
Naval ensign of Great Britain (1707–1800).svg ジョージ・ロドニー Drapeau blanc.svg フランソワ・ド・グラス
戦力
戦列艦 20隻、50門艦1隻、フリゲート5隻 戦列艦 23隻、50門艦1隻
損害
喪失艦なし、戦死120名、負傷354名 喪失艦なし、戦死222名、負傷537名
アメリカ独立戦争

マルティニーク島の海戦(マルティニークとうのかいせん、英:Battle of Martinique)は、アメリカ独立戦争の一環として、1780年4月17日西インド諸島マルティニーク島付近の海上でイギリス海軍フランス海軍の間で行われた海戦。

イギリス海軍がフランス海軍を追撃したが、イギリスのロドニー提督の命令の不徹底が原因で取り逃がす結果となった。

発端[編集]

1780年1月、フランスの提督ド・グッシェン伯爵は強力な艦隊とともに西インド諸島に派遣され、イギリスの提督ジョージ・ロドニーと対峙した。同年4月13日、ド・グッシェンは全艦隊にジャマイカ侵攻のための地上部隊3,000名を乗せて出撃した。報せを受けたロドニーもこれを捕捉すべく出撃した。

戦闘[編集]

両艦隊は4月16日午後4時にマルティニーク島の風下側で遭遇したが、日没が迫ったためそのまま前進を続けた。翌17日朝の段階ではロドニー艦隊がド・グッシェン艦隊の風上(右方)12~13マイルの位置にあり、フランス艦隊をやや後方から追いかける位置にあった。また、フランス艦隊の戦列が全長11マイルに及んでいたのに対し、イギリス艦隊はほぼ同数ながら約5マイルという緊密な(個艦の距離2ケーブル)戦列をなしていた。

ロドニーはまず艦隊に「敵戦列の後尾を攻撃する」と信号し、次に11時50分、「各艦はそれぞれ対応する相手に向かえ」と信号した。ロドニーの心積りでは、第1の信号で目標を明確にしておき、第2の信号により戦列の各艦が真横(すなわち敵戦列の後部)の敵艦に一斉に攻撃を仕掛けるはずだった。しかし先頭の「スターリング・カースル」の艦長ロバート・カーケットは信号の「対応する相手」とある部分にこだわり、はるか前方にいるフランスの先頭艦に向かって進んだ。そして後続する前衛戦隊もそれに倣った。また他にも同様の行動をとる艦があり、ロドニーの戦力集中の意図は実現されなかった。

フランス側では、ド・グッシェン配下の戦隊指揮官が整然と規則正しく危機に対処したこと、特に第3席の指揮官であるド・グラス伯爵がすばやく戦列を詰めたことにより、なんとか危機から脱出した。その代わりブーイェ侯爵の意図したジャマイカ攻略はあきらめざるを得なかった。

参戦艦(未完)[編集]

イギリス海軍[編集]

フランス海軍[編集]

  • クーローヌ(Couronne) - ド・グッシェンの旗艦
  • プリュトン(Pluton)

参考文献[編集]

  • 『図説・イングランド海軍の歴史』(小林幸雄著、原書房、2007年1月30日)ISBN978-4-562-04048-3