マルグリット・ダルザス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
マルグリット・ダルザス

マルグリット・ダルザスMarguerite d'Alsace1145年 - 1194年11月15日)は、フランドル伯。マルグリット1世とも呼ばれる。

フランドル伯ティエリー・ダルザスと妃シビーユ・ダンジューの子。実兄のフランドル伯フィリップ・ダルザスが子のないまま死去したため、1191年に伯位を継承した。

子女[編集]

1160年、ヴェルマンドワおよびヴァロワ伯ラウル2世と結婚したが、1167年にラウル2世はハンセン病で死去。二人の間に子供はない。

1169年、エノー伯ボードゥアン5世と結婚。

先代:
フィリップ・ダルザス
フランドル伯
Blason Comte-de-Flandre.svgエノー伯ボードゥアン5世と共同統治
1191年 - 1194年
次代:
ボードゥアン5世