マルカリアンの鎖

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
おとめ座のマップ

マルカリアンの鎖[1]: Markarian's Chainマルカリアン・チェーン[2]マルカリアンの銀河鎖[3])とは、おとめ座銀河団の一部を構成する銀河の線状の集団である。地球から見た場合、各メンバー銀河は、なめらかな弧を描く曲線状に乗って見えるので「鎖」と呼ばれている。この集団は、1970年代に、この集団の共通する固有運動を発見した、アメリカ合衆国宇宙物理学者であるB・E・マルカリアンにちなんで命名された。メンバーの銀河は M84 (NGC 4374), M86 (NGC 4406), NGC 4477, NGC 4473, NGC 4461, NGC 4458, NGC 4438 および NGC 4435であり、概略位置は、赤経 12h 27m赤緯 +13° 10′ である。

鎖中の、少なくと 7つの銀河は均一な動きをしているように見えるが、その他の銀河は偶然重なって見えているだけではないかと考えられている[4]

マルカリアンの鎖 (アマチュア観測家による撮影)

脚注[編集]

  1. ^ 星雲・星団写真星図 誠文堂新光社。52p ISBN 978-4-416-20931-8
  2. ^ 沼澤茂美・脇屋奈々代『星座の事典』ナツメ社 2007年。p64 ISBN 978-4-8163-4364-3
  3. ^ 春の星雲・星団鹿角平天文台
  4. ^ Litzroth, E. (1983年). “The Markarian chain of galaxies in the constellation Virgo”. Astronomische Nachrichten 304 (2): 69–72. ISSN 0004-6337. http://adsabs.harvard.edu/cgi-bin/nph-bib_query?bibcode=1983AN....304...69L.