マリーア・クリスティーナ・ディ・ボルボーネ=ドゥエ・シチリエ (1877-1947)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
マリーア・クリスティーナ・ディ・ボルボーネ=ドゥエ・シチリエ
Maria Cristina di Borbone-Due Sicilie
Maria Cristina de Boubon-Duas Sicílias.jpg
出生 (1877-04-10) 1877年4月10日
フランスの旗 フランス共和国カンヌ
死去 (1947-10-04) 1947年10月4日(70歳没)
オーストリアの旗 オーストリアザルツブルク州ザンクト・ギルゲン
配偶者 トスカーナ大公家家長ペーター・フェルディナント
子女 ゴットフリート
ヘレーネ
ゲオルク
ローザ
父親 カゼルタ伯アルフォンソ
母親 マリーア・アントニエッタ・ディ・ボルボーネ=ドゥエ・シチリエ
テンプレートを表示

マリーア・クリスティーナ・カロリーナ・ピア・ディ・ボルボーネ=ドゥエ・シチリエMaria Cristina Carolina Pia di Borbone-Due Sicilie, 1877年4月10日 - 1947年10月4日)は、イタリアのブルボン=シチリア家の王女で、トスカーナ大公家家長ペーター・フェルディナントの妻。ドイツ語名はマリア・クリスティーナ・フォン・ネアペル=ジツィーリエンMaria Christina von Neapel-Sizilien)。

両シチリア王家家長カゼルタ伯アルフォンソとその妻の両シチリア王女マリーア・アントニエッタの間の次女として生まれた。1900年11月8日にカンヌにおいて、最後のトスカーナ大公フェルディナンド4世の三男ペーター・フェルディナント大公と結婚した。1942年、夫がトスカーナ大公家の家督を引き継ぐと同時に、マリーア・クリスティーナも名目上のトスカーナ大公妃とされた。1947年にザンクト・ギルゲンにおいて70歳で亡くなった。

子女[編集]

夫との間に4人の子女をもうけた。

  • ゴットフリート(1902年 - 1984年) - トスカーナ大公家家長、1938年にバイエルン王女ドロテアと結婚
  • ヘレーネ(1903年 - 1924年) - 1923年、ヴュルテンベルク王家家長フィリップ・アルブレヒトと結婚
  • ゲオルク(1905年 - 1952年) - 1936年、ヴァルトブルク・ツー・ツァイル・ウント・ホーエネムス伯爵夫人マリー・ヴァレリーと結婚
  • ローザ(1906年 - 1983年) - ヴュルテンベルク王家家長フィリップ・アルブレヒト(姉の寡夫)と結婚