マチャラ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
マチャラ
Machala
エクアドルの旗
マチャラの位置(エクアドル内)
マチャラ
マチャラ
位置図
座標: 南緯3度16分 西経79度58分 / 南緯3.267度 西経79.967度 / -3.267; -79.967
エクアドルの旗 エクアドル
エル・オロ州
マチャラ郡
行政
 - 市長 カルロス・フェリケス・バタリャス
人口 (2008年)
 - 総人口 204,578人
 都市圏 217,696人
等時帯 エクアドル標準時(ECT) (UTC-5)
ウェブサイト www.machala.gov.ec

マチャラ西: Machala)は、エクアドル南西部の都市。グアヤキル湾に面する肥沃な低地に築かれた、エル・オロ州の州都である。2008年の推計では42万6901人が暮らしており、国内第四の人口を有する。「バナナのメッカ」と称される。

街の中心部には大きなカトリック教会がそびえ、中央広場が広がる。広場は2000年代初頭に造成されたもので、大きな噴水を有する。ホテルも多数ある。中央広場から1マイルほどいったラス・ブリアス地区は10代の若者に人気がある。

大学はマチャラ技術大学とサン・アントニオ・デ・マチャラ工科大学(UTSAM)の2校がある。多くの私立校があるが、公立高校は1校しかない。

小規模な空港(IATAコード:MCH)があり、かつてはTAME航空がグアヤキル便やキト便を飛ばしていたが、近年民間便は就航していない。

経済[編集]

郊外で生産されるバナナ、コーヒー豆、ココア豆などの農産物がマチャラで取引される。とりわけバナナの輸出は地元経済にとって大きな柱となっており、プエルト・ボリバル地区から主に北アメリカに輸出される。

ペルーグアヤキルの間に位置する交通の要衝でもあり、多くの旅行者が通る。太平洋に面しておりビーチもあるが、観光地としてはあまり知られていない。2007年には近郊に映画館を併設した初のショッピングモールがオープンした。

出身者[編集]

外部リンク[編集]