マダガスカルミフウズラ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
マダガスカルミフウズラ
保全状況評価
LEAST CONCERN
(IUCN Red List Ver.3.1 (2001))
Status iucn3.1 LC.svg
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 鳥綱 Aves
: ツル目 Gruiformes
: ミフウズラ科 Turnicidae
: ミフウズラ属 Turnix
: マダガスカルミフウズラ
T. nigricollis
学名
Turnix nigricollis
和名
マダガスカルミフウズラ
英名
Madagascar Buttonquail
Turnix nigricollis

マダガスカルミフウズラ(まだがすかる三斑鶉、学名:Turnix nigricollis)は、ツル目ミフウズラ科に分類される鳥類の一種である。

分布[編集]

マダガスカル固有種

形態[編集]

全長15-18cm。ほぼスズメ大。雌は体の上面は褐色で、胸から腹にかけての体の下面は灰色である。肩と脇は赤褐色で喉は黒い。雄は全体的に淡色で、喉は白っぽい。虹彩は黄色で嘴は青灰色である。

生態[編集]

地表棲。海抜1900mまでの草地や灌木林などに生息する。小さな群れを作り、地面を歩きながら餌を探す。敵に遭遇すると、素早く走って逃げる。

昆虫類や植物の種子を食べる。

参考文献[編集]

  • 『世界の動物|分類と飼育 ツル目』、財団法人東京動物園協会、1989年、21頁