マクレレ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
Maculele in New York.jpg

マクレレブラジルポルトガル語:Maculelê)はアフリカ系ブラジルの格闘技のようなダンスで、グループがホダという円に集まり、円の外の人が歌ったり音楽を弾いたり、円の中の二人が戦ったりします。 ダンスする人は60センチぐらいの長さグリマという木の棒(マチェテが使われている演出もある)を持ち、グリマを腰の高さで三回打ち、四回目を頭の上で打つ。棒の打ち方にはフォームのヴァリエーションがいろいろある。 伝統的な衣服は草から作られたスカート。 現在マクレレはよくカポエイラの団体において演出されている。

歴史[ソースを編集]

マクレレの起源ははっきり知られていない。色々な説がある。アフリカからブラジルに拉致された奴隷がマクレレのことをブラジルに伝えたとされている。よく知られているアフリカの伝説によると、マクレレはアフリカの男の人だった。彼は一人で他の部族を木の棒のみ打ち勝った。 マクレレは他の伝統的、アフリカのククンビというダンスと関係があるとされている。

メストレポポ[ソースを編集]

20世紀の前半マクレレがほとんどなくなり、20世紀の半ごろメストレ(マクレレの団体の宗家)ポポがマクレレが栄えた。メストレポポは現在されているマクレレに造形整形した。

音楽[ソースを編集]

マクレレは現在アタバキを一つ(二つ三つもある)で打たれていて、一人歌のリードをし、ダンスを見ている人達が歌の答えを歌いながら、手でリズミカルに叩く。 昔色々な楽器が(小さい鼓、アゴゴへコヘコカシシパンデイロ)使われていた。

[ソースを編集]

Boa Noite Pra Quem E De Boa Noite[ソースを編集]

リード
Boa noite pra quem e de boa noite
Bom dia pra quem e de bom dia
A bencao meu papai a bancao
Maculele e o rei da valentia
コーラス
Boa noite pra quem e de boa noite
Bom dia pra quem e de bom dia
A bencao meu papai a bancao
Maculele e o rei da valentia

Sou Eu Maculele[ソースを編集]

リード
Sou eu, sou eu
Sou eu maculele, sou eu
コーラス
Sou eu, sou eu
Sou eu maculele, sou eu

外部リンク[ソースを編集]

http://www.capoeira.be/2009/pdf/maculele.pdf (英語)