マインド・ビルディング

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

マインド・ビルディング (英語:mind building)とは、仕事や生活の中で成果を上げる / パフォーマンスを発揮するためのキーポイントである「マインドのもちかた(=頭の使い方)」を鍛えて向上させる過程のことである[1]

概要[編集]

  • マインド・ビルディングは、頭(心)に浮かぶ思考や感情などの精神活動を適切にコントロールして、自分の目標 / ゴール / 夢 / ビジョンの実現に近づく事を目指す。共通の体系や様式は確立しておらず、発案者が独自の経験や研究を元に、様々な形で実践やレッスン提供されている。例えば、メディテーション(冥想)や座禅、思考法 / 発想法のセミナー、脳波をモニターしながらの集中やリラックスのトレーニングなどである[2]

他の名称[編集]

  • 「マインド=頭(脳)」の発想の立場であるので、より直接的にブレイン・ビルディング(Brain Building)と表現するものもいる[3]
  • 他にも、マインド・フィットネス(Mind Fitness)[4]など。

詳細[編集]

マインドビルディングにおいて重視されている事項として9つがあげる者もいる[5]

  1. ダイアローグ (Dialogue)
  2. 信頼の基盤 (Secure Base)
  3. 対極性 (Polarity)
  4. ビジュアル化 (Visualization)
  5. 五感と直感 (Inuition)
  6. 数多くの体験 (Memory/Knowledge)
  7. 事前の心構え (Rehearsal)
  8. とらわれない心 (Cognitive Bias)
  9. 自信と信念 (Belief)


参考文献[編集]

  1. ^ 額宮良紀、2012、「メンバーの潜在力を引き出す職場運営」、『月刊警察』30(2), 82-92, 2012-02-00 東京法令出版、NAID 40019146298
  2. ^ Joseph Hooper、2012、「Mind-building meditation」、『Men's Journal』2012-06-00
  3. ^ Meghanien Dutta、2010、「Brain Building Exercises」、『LIVESTRONG.COM』2010-Jun-30  (2013年6月10日閲覧)
  4. ^ Patrick Hruby「Marines expanding use of meditation training: Mind Fitness Training found to help troops improve mental performance under stress of war」『Washington Times』2012-12-05
  5. ^ 額宮良紀, 鈴木憲 「揺るがない人のマイド・ビルディング:異分野のプロに学ぶ仕事のヒント83」英治出版 2009年

関連項目[編集]