ポツダム進級

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

ポツダム進級(ポツダムしんきゅう)とは、大日本帝国陸軍大日本帝国海軍が1945年8月15日のポツダム宣言受諾後に軍人の階級を一つ進級させたこと。

退官手当や恩給がなるべく多くもらえるようにするために行った。ポツダム進級で昇進した階級は、ポツダム少尉、ポツダム少佐など、「ポツダム」を階級の前に入れた俗称で呼ばれる。

佐官以下だけが対象とされ、将官の進級はないとされるが、1945年11月1日中将へ進級した中澤佑木村昌福矢野志加三の三名もポツダム中将と呼ぶ。

参考文献[編集]