矢野志加三

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
矢野 志加三
Shikazou Yano.jpg
第四艦隊参謀長時代
生誕 1893年8月5日
日本の旗 日本 愛媛県松山市
死没 (1966-01-24) 1966年1月24日(72歳没)
所属組織 大日本帝国海軍の旗 大日本帝国海軍
軍歴 1916年 - 1945年
最終階級 海軍中将
除隊後 東洋パルプ専務取締役
テンプレートを表示

矢野 志加三(やの しかぞう、1893年(明治26年)8月5日 - 1966年(昭和41年)1月24日)は、日本海軍軍人。最終階級は海軍中将

略歴[編集]

陸軍大尉矢野徳の長男として生まれる。妻は陸軍少将大川盛行の娘、実。旧制愛媛県立松山中学校より海軍兵学校第43期入校。入校時成績順位は100名中12番。兵学校を96名中4番の恩賜で、また海軍大学校甲種学生25期を次席の恩賜で卒業した。

太平洋戦争開戦を第4艦隊参謀長として迎え、長官の井上成美を補佐した。教育局長時代に、初級士官不足を補うため兵学校の教育期間を短縮するよう求められた。矢野は既に3年に短縮された期間をこれ以上短縮することに強硬に反対し、同様な考えを持っていた兵学校校長の井上と連絡を取り合い抵抗した。

電波本部設置に伴い総務部長に就任したが、当初は同期生の矢野英雄が就任する予定だった。矢野英雄は中部太平洋方面艦隊参謀長となり、サイパン陥落時に戦死した。このことに晩年まで苦しみ悩んでいた。

終戦後の1945年(昭和20年)11月1日の定期人事で木村昌福中澤佑らと共に海軍中将に進級した。戦後の進級であったため、「ポツダム中将」と呼ばれた(「ポツダム進級」項目参照)。後に公職追放となった[1]

年譜[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 総理庁官房監査課編 『公職追放に関する覚書該当者名簿』 日比谷政経会、1949年97頁。NDLJP:1276156 

参考文献[編集]

関連項目[編集]