ボーメ度

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

ボーメ度(ボーメど、Baumé degree)は、比重の計量単位である。日本の計量法体系では、「重ボーメ度」のみを計量単位規則別表第一において規定している。計量単位規則における定義は、次式である[1]

Bh = (1 - 1/その物質の比重)× 144.3

重ボーメ度の単位記号は、Bhである[2]。これ以外に、「°Bé」の記号が使われることがある。いずれもフランスの化学者アントワーヌ・ボーメに由来している。

重ボーメ度は、計量法が定める法定計量単位ではない(典型72量に含まれない。)ので、その使用は取引又は証明等に用いる際の規制の対象にはならない(計量法#計量単位の規範性[3][4]

ただし、特定計量器としての「重ボーメ度浮ひょう」(計量法施行令第2条第18号ロ)に表示する単位記号は、「Bh」でなければ、検定に合格できない(基準器検査規則[5] 426条から433条など)。

実用上は、浮ひょう(浮秤 「うきばかり」とも hydrometer)の一種であるボーメ比重計の示度として示されることがほとんどである。

重ボーメ度と軽ボーメ度[編集]

アントワーヌ・ボーメは、純水での値を0 Bh、15%食塩水での値を15 Bhとして、この間を15等分し、これを拡張したものを重ボーメ度とした。一方、軽ボーメ度とは純水での値を10 Bh、10%食塩水での値を0 Bhとして、この間を10等分し、これを拡張したものである。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 計量単位規則 別表第一 項番2、比重、「重ボーメ度」の欄
  2. ^ 計量単位規則 別表第5 比重、「重ボーメ度」の欄
  3. ^ 法定計量単位 (7)72量以外の事象等に使用する単位について
  4. ^ 表6 72量以外の物象の状態の量について
  5. ^ 基準器検査規則

関連項目[編集]