ボーイング・エバレット工場

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
工場全体

ボーイング・エバレット工場 (Everett Factory) は、アメリカ合衆国ワシントン州エバレットにあるボーイング社の主力飛行機組立工場である。

主に747型767型777型787型の各シリーズを製作している。

工場[編集]

1969年の747建造の際に、これまで707~737を生産しているレントン工場では組立ラインの増築や工場内の面積に限界があるとの判断で新たに建設された。当初は747専用の工場として君臨し、1982年の767ロールアウトまでは747シリーズ1機種で独占していた。1990年代に入り、今度は777シリーズを建造するための改良工事をおこなった。

工場北部のビルディングには「40-○○ビルディング」という名前が当てられており40-21〜40-26が最終組み立てラインである。40-21,40-22ビルディングは2011年現在空きラインとなっている。

工場は世界最大の容積を持つ建築物であり、床面積39万8千m²、容積は1330万m³である。

製造機体[編集]

747シリーズ
40-23ビルディング
767シリーズ
40-24ビルディング
777シリーズ
40-25ビルディング
787シリーズ
40-26ビルディング


滑走路[編集]

ペインフィールド空港

組立工場の南側には、道路を挟んでペインフィールド空港英語版がある。滑走路が三本配置されている。

外部リンク[編集]

座標: 北緯47度55分33秒 西経122度16分19秒 / 北緯47.925718度 西経122.271845度 / 47.925718; -122.271845 (Boeing Everett Factory)