ボリス・ルイプキン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

ボリス・ルイプキンロシア語: Борис Аркадьевич Рыбкин1899年6月19日 - 1947年10月27日)は、ソ連職業的諜報員。フィンランドでは、妻のゾーヤ・ヴォスクレセンスカヤと共に夫婦間諜として活動した。

経歴[編集]

10歳の時から印刷所の見習い工として働く。ロシア革命後、ペトログラード鉱山アカデミーの夜間学校で学ぶ。

1923年から国家保安機関に入り、1931年から対外諜報部で働く。1931年1934年イランに派遣され、情報源を開拓したことにより名前入り武器を授与された。その後、フランスブルガリアオーストリアに派遣される。

帰国後、外国課の中央機構で数年間働いた。

1936年、領事ボリス・ヤルツェフ(コードネーム「キーン」)をカバーにして、妻のヴォスクレセンスカヤと共にフィンランドに派遣され、合法業務に従事した。

1938年4月、モスクワに戻り、在フィンランド・ソ連代理公使に任命された。この時、ヨシフ・スターリンは、フィンランド当局と秘密交渉を行い、ドイツ軍のフィンランド駐留を防ぐためにソ・フィン防衛条約を締結し、領土交換を提案することを「キーン」に委任した。

1941年国家保安人民委員部(NKGB)第1課長。1941年~1943年、駐ストックホルム支局長。

ソ連帰国後、NKGB第4局の課長に任命され、東欧のドイツ占領地へのエージェント・破壊工作員の派遣を監督した。また、ヤルタ会談の組織・実行にも参加し、米英保安機関との連絡官の役割も果たした。

戦後、イリーガルとの連絡回復のためにトルコに派遣。1947年10月27日、チェコスロバキア出張中、プラハ郊外で自動車事故に遭い死亡。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]