ボミタバ語

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ボミタマ語
Mbomitaba
話される国 コンゴ共和国中央アフリカ共和国
話者数 約9800人(2000年)
言語系統
方言
北部方言(マトキ)
中部方言(エペナ)
言語コード
ISO 639-1 なし
ISO 639-3 zmx
Glottolog bomi1238[1]
テンプレートを表示

ボミタバ語 (ボミタバ語:Mbomitaba)は、主にコンゴ共和国北部で用いられるバントゥー語群の言語。 中央アフリカ共和国にも数百人の話者が存在する。 Maho (2009)はC141 Enyele (Inyele)、C142 Bondongo、C142 Mbonzo (Impfondo)[2]はボミタバ語に最も近いと述べた。

脚注[編集]

  1. ^ Hammarström, Harald; Forkel, Robert; Haspelmath, Martin et al., eds (2016). “Bomitaba”. Glottolog 2.7. Jena: Max Planck Institute for the Science of Human History. http://glottolog.org/resource/languoid/id/bomi1238 
  2. ^ 同名のボンジョ語英語版とは異なる。