ホームカミング

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ホームカミング
監督 飯島敏宏
脚本 千束北男
製作 藤本款
森山敦
森満康巳
製作総指揮 大月俊倫
出演者 高田純次
音楽 冬木透
栗山和樹
撮影 稲垣湧三
編集 松木朗
製作会社 「ホームカミング」製作委員会
配給 クロックワークス
公開 日本の旗 2011年3月12日
上映時間 105分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
テンプレートを表示

ホームカミング』は、2010年制作の日本映画。公開は2011年3月12日高田純次の初主演映画。

あらすじ[編集]

61歳で定年退職を迎えた鴇田(ときた)和昭は、購入したマイホームで妻の摩智と2人で残りの人生を過ごす事になった。

彼らが暮らすことになったのは、都心から40キロ離れたところにある、かつては理想の町と謳われ、有名ドラマの舞台にもなったニュータウン「虹の丘タウン」。しかし、現在は少子高齢化の波に押され、かつての賑いがウソのような、住民の平均年齢68歳という“老人街”と化していた。

鴇田は町に昔の活気を取り戻すべく、同世代の仲間と共に町おこしのお祭りを開催しようと奔走するが、ある日、誘拐事件が発生し…。

キャスト[編集]

スタッフ[編集]

  • 監督:飯島敏宏
  • 監督補:小中和哉
  • 脚本:千束北男
  • エグゼクティブ・プロデューサー:大月俊倫
  • プロデューサー:藤本款、森山敦、森満康巳
  • 撮影:稲垣湧三
  • 音楽:冬木透栗山和樹
  • 美術:池谷仙克、及川一
  • 装飾:高橋俊秋
  • 照明:佐野誠
  • 録音:山方浩
  • 編集:松木朗
  • 衣装デザイン:加藤麻乃
  • 助監督:小原直樹
  • ヘアメイク:山口亜希子
  • スクリプター/記録:堀ヨシ子

関連項目[編集]

  • 成瀬台 - 同作品のロケ地。町田市東部にある地区で、地元住民もエキストラとして出演している[1]

脚注[編集]

外部リンク[編集]