ホワイト・アンド・マッカイ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

ホワイト・アンド・マッカイ(Whyte and Mackay)は、スコッチウィスキーのブランドのひとつ。ブランドのシンボルは、2頭のライオン

キーモルトはハイランドモルトのダルモア[1]。主にハイランド、スペイサイドの原酒が使われている。ダブルマリッジと呼ばれる後熟を重視した製法に特徴がある。

概要[編集]

1844年、創業者のジェイムズ・ホワイトとチャールズ・マッカイの名から誕生。スコットランドグラスゴーを拠点として規模を拡大し、スコッチウィスキーの大手に成長した。

2007年インドユナイテッド・ブリュワリーズの子会社がホワイト・アンド・マッカイを買収[2]。伝統のダブルマリッジ製法を引き継ぎつつも、原酒の熟成年数を引き上げるなどリニューアルが図られた。日本では明治屋が輸入販売元であり、日本向けのボトルでは13年、19年、22年という他のメーカーと比べ変則的な熟成年数が表示されている[3]

出典[編集]

  1. ^ チャールズ・マクリーン監修 『世界ウイスキー大図鑑』清水真理・平林祥訳 柴田書店 2013年 ISBN 9784388353422 pp.182-183.
  2. ^ インド飲料最大手グループ、ホワイトマッカイを買収(AFP.BB.NEWS)2007年5月16日
  3. ^ スコッチウイスキー『ホワイトマッカイ』新製品発売開始のご案内(明治屋ニュース)