ホップの定理

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

ホップの定理 (Hopf theorem) は、微分位相幾何学の定理で、位相的次数は、超球面への連続写像の唯一のホモトピー不変量であるという定理である。

内容[編集]

Mn 次元のコンパクトな向き付けられた多様体Snn 次元球面 を連続とすると、 であることと、fgホモトピックであることとは同値である。

参考文献[編集]