ペニシリウム・カメンベルティ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Penicillium camemberti
Pcamemberti.jpg
分類
: 菌界 Fungi
: 子嚢菌門 Ascomycota
: ユーロチウム菌綱 Eurotiomycetes
: ユーロチウム目 Eurotiales
: マユハキタケ科 Trichocomaceae
: アオカビ属 Penicillium
: Viridicata
: P. camemberti
学名
Penicillium camemberti
Thom (1906)

ペニシリウム・カメンベルティラテン語: Penicillium camemberti [peːˈnɪkɪlːlɪũ kamɛmˈbɛrti ] ペーニキッリウム・カメンベルティ)は、カマンベールチーズおよびブリーチーズの製造に用いられるカビの一種である。日本ではペニシリウム・カマンベルティとの表記も見られる[1]Viridicata Camemberti に属し、近縁種もチーズの熟成に関わっている[2]

チーズ上で、P. camembertiは硬く白い外殻を形成する。P. camembertiによってこれらのチーズに特有の味が与えられる。

シノニム[編集]

  • Penicillium candidum Link
  • Penicillium biforme Thom.
  • Penicillium caseicola Bainier

脚注[編集]

  1. ^ 学名に使われるラテン語はローマ字読みなので当然 [kamɛmˈbɛrti] 「カメンベルティ」と読むが、この語は明らかにカマンベールチーズのカマンベール (Camembert [kamɑ̃bɛːʁ]) から造語されているので、カマンベールの発音との類推から「カマンベルティ」と誤読したもの。
  2. ^ Robert A. Samson, Keith A. Seifert, Angelina F.A. Kuijpers, Jos A.M.P. Houbraken and Jens C. Frisvad (2004). “Phylogenetic analysis of Penicillium subgenus Penicillium using partial β-tubulin sequences”. STUDIES IN MYCOLOGY 49: 175-200. http://www.cbs.knaw.nl/publications/1049/part5.pdf. 

外部リンク[編集]