ベーグム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ベーグム(17世紀ムガル帝国の女性)

ベーグムペルシア語:بیگم, ウルドゥー語: بیگم‎, Begum)は、部族長の称号ベグの女性形で、ベグの妻あるいは娘を意味する。ベグの娘を指す場合はベグザーディー(Begzadi)とも呼ばれる[1]

南アジアムガル帝国では貴族の女性のみならず、皇帝の妃や娘などの称号でもあった。例としては、シャー・ジャハーンの娘ジャハーナラー・ベーグムなどがあげられる。

出典・脚注[編集]

  1. ^ Moazzambaig, Begzadi or Begzada[リンク切れ]. Digg.com: Social News. Retrieved July 8, 2011.

関連項目[編集]