ヘスス・スアレス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

ヘスス・スアレスJesús Súarez,1959年5月31日-)は、ウルグアイモンテビデオ県モンテビデオ出身の記者コラムニストジャーナリスト。現在はア・コルーニャ在住。愛称はジーザスまたはスソ

経歴[編集]

ウルグアイモンテビデオ生まれ。その後、母国スペインに戻り、スペイン・ガリシア州リーグ1部でサッカー選手としてプレーした経験を持つ。引退後は監督養成学校でフェルナンド・バスケス(現RCDマヨルカ監督)に学び、指導者としての道を歩む。州リーグのクラブで監督を務めた後、「オール・ヨーロッパ」紙に寄稿するなど、ジャーナリストとして活躍している。

1994年4月号より日本のサッカー雑誌「ワールドサッカーダイジェスト」巻末の「The JOURNALISTIC」というコーナーで、現在に至るまでスペインのモノクロページコラムを担当しており、月一回の連載で友人のフアン・カルロス・バレロンとの対談形式の「Fútbol合評会」というコーナーも掲載されている。

また翻訳を務める日本のスポーツライター、小宮良之との共著で「〜への挑戦状」シリーズなども刊行されている。

エピソード[編集]

長らく来日経験がなかったが、2016年4月に初来日。寄稿しているワールドサッカーダイジェストの編集部を表敬訪問している[1]

著書[編集]

脚注[編集]