ヘキサフルオロリン酸塩

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ヘキサフルオロリン酸の構造
ヘキサフルオロリン酸の空間充填モデル

ヘキサフルオロリン酸塩(ヘキサフルオロリンさんえん、Hexafluorophosphate)は、一価の陰イオンであるヘキサフルオロリン酸イオン(Hexafluorophosphate, PF6)を含んだの総称である。非配位陰イオンであり、求核性は低い。

ハロゲン化物アニオンはヘキサフルオロリン酸銀のPF6と容易に置換する。不溶性のハロゲン化銀の沈殿がこの反応の進行を助長する。ヘキサフルオロリン酸1-ブチル-3-メチルイミダゾリウムのように、いくつかの室温イオン液体はPF6が対イオンとして使われている。

また、多くのイミダゾリウムホルムアミジニウムのヘキサフルオロリン酸塩は水に溶けない。 ホルムアミジニウム/イミダゾリウム塩の水溶液にヘキサフルオロリン酸アンモニウム(NH4PF6)を付加すると、ホルムアミジニウム/イミダゾリウムのヘキサフルオロリン酸塩が沈殿する。

関連項目[編集]