ヘイワインコ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ヘイワインコ
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 鳥綱 Aves
: オウム目
Psittaciformes Wagler, 1830
: インコ科
: ヘイワインコ
英名
Uvea parakeet

ヘイワインコ(Eunymphicus uvaeenisis)は、オウム目インコ科の種。絶滅危惧種である。

形態[編集]

全長32cm。頭には冠羽という飾りがある。クチバシはとても太く、木の実を食べるのに適している。

生態[編集]

オスは頭の冠羽を振り、メスにアピールをする。木の実、果実などの実を食べる。花を食べることもある。

分布[編集]

人間との関係[編集]

ヘイワインコの生息するウベア島の森林伐採が進み、ペット用として捕まるなど、絶滅が心配された。しかし最近では保護活動を始め、安全な環境を作ったり、狩猟を厳しく取り締まるなど、少しずつその数を取り戻している。

参考文献[編集]